砕いてはいけない薬があるのをご存知ですか

薬の有効成分を徐々に放出させることにより薬の効果が長時間続くように、表面を加工した薬剤がある。「徐放剤」と呼ばれるこのタイプの薬を、自己判断でカットしたり。粉砕したりした服用すると、思わぬ症状に見舞われることがあり注意が必要、という話を書いてみました。

栄養豊富な乾物は加熱しなくても食べられる

ウイズコロナの今こそ、食生活にフル活用したい、昔ながらの保存食である「乾物」の手軽な食べ方と、太陽のチカラでパワーアップする栄養素について書いてみた。乾物は水かぬるま湯で戻して使う物。加熱して食べる食材――との思い込みを捨て、毎日の食卓に1品を。

人生の終わりを意識したら「いのちの終活」を

新型コロナに感染し、そのまま逝ってしまった志村けんさん――。彼の死に新型コロナの脅威を感じると同時に、自らの感染、そしてその先の死を意識し、終活を始めた人が少なくないと聞く。しかもそれは高齢者に限らないらしい。その「いのちの終活」に1つの冊子を紹介する。

フリーズドライ食品を利用したいが栄養は?

ウイズコロナの食生活に、冷凍食品と並ぶ利用したい食品が「フリーズドライ食品」。長期常温保存が可能なうえに「お湯を注いで混ぜる」だけでOKは魅力だ。しかし、「栄養的価値はどうなのか」との疑問の声は多い。冷凍して乾燥させる製法から、その疑問を解いてみた。

転倒予防のためにも猫背は早めに治したい

スマホ操作に夢中でいると背中を丸めた「猫背」になりがち。自分には楽な姿勢でも、肩こり、腰痛、片頭痛、ポッコリお腹を招くことに。やがては腰も曲がって「円背」に進み、転びやすく、要介護や寝たきりにつながりやすい。その予防のためにも猫背は早めに治したい。

酸化マグネシウム便秘薬を服用している方へ

日本人の8人に1人は悩まされているという便秘。特に長引く頑固な便秘に酸化マグネシウム製剤の便秘薬を愛用している方も多いと聞く。が、その副作用である高マグネシウム血症について、注意喚起のリーフレットが、この8月、新たに公表された。そのポイントを紹介する。

「物忘れ」が気になりだしたら手を動かそう

哲学者のカントによれば「手は外部の脳」とのこと。手を動かすことは脳を使うことであり、脳内細胞の活性化、血流アップにつながるというわけだ。これを認知症予防に生かさない手はない。ということで、80歳でピアノを習い始めた知人の話、ぬり絵の話、等々を紹介する。

ウイズコロナの食生活に冷凍食品の上手な活用を

この先しばらくは新型コロナウイルスと共存せざるを得ないようだ。食料品の買い出しも自粛が求められるなかで食生活の充実を図る秘訣の1つとして、保存性の高い冷凍食品を上手に活用することを提案したい。素材のもつ栄養分を最大限活かす健康的な利用法をまとめた。

コロナストレスと外出自粛でよく眠れない方へ

長引く自粛生活や感染への不安、そこに今夏の猛暑も加わり、よく眠れない夜が続いている方は多いだろう。そんな方向けに、睡眠健康推進機構が公開している「外出自粛中によい睡眠を確保するための5つのヒント」を紹介。ポイントは、いつも同じ時間に起きて自然光を浴びること。

前歯も使って物を噛むと脳の血流がアップする

新型コロナ対策で長引く変化のない自粛生活により、物忘れが多くなったと嘆く友人に、意識して前歯を使うことを促した。その根拠となる研究を紹介する。物を噛むときに奥歯だけでなく前歯も使うと、脳の最高中枢とされる前頭前野への血流がアップすることが実証されている。

牛乳アレルギーで「エンシュア」を飲めない!?

胃瘻や点滴などによる人工的栄養法を嫌い、口から食べることにこだわりたいと話す人は少なくない。その際はエンシュアやエネーボ等の経口可能な経腸栄養剤が頼りになる。だが、牛乳アレルギーがありそれらを利用できないでいる方に安心して摂取可能な栄養剤を紹介する。

「昼カラオケ」で新型コロナ感染が多いのは?

「昼カラオケ」愛好の高齢者は多いが、昼カラを伴う飲食店は新型コロナクラスター(感染者集団)発生リスクが高い。感染研の「クラスター事例集」では、換気の悪い密閉空間で、高齢者同士が濃厚接触することと、会話や発声時に飛ぶ唾液に高い感染リスクがあるとのこと……。