高齢者の健康・医療トピックス一覧

水を飲んでもすぐに口が渇く「ドライマウス」

高齢者に多いドライマウス(口腔乾燥症)は、薬の副作用として現れることが多い。なかには深刻な病のサインのこともあり、「口が渇くだけだから」などと見過ごしていると、食事摂取や日常会話に支障をきたし、QOL(生活の質)の低下を招くことも。気づいたら早めの受診を。

今シーズンこそインフルエンザ予防接種を!!

インフルエンザシーズンがやってきた。今冬は例年の1.5倍の流行が懸念され、高齢者らハイリスク者にはワクチン接種が強く推奨されている。新型コロナウイルスのワクチンと同時接種は避け、2週間の間隔をおくこと、コロナウイルス感染者、濃厚接触者のワクチン接種は?

難聴は認知症のリスク因子、早めに補聴器を

加齢性難聴は、高齢者に限らない。早い人では50代から始まり、75歳を過ぎると7割以上が「聞きとりにくさ」を自覚しているとのこと。放置していると認知機能の低下から認知症につながるリスクもあるだけに、早めに「補聴器相談医」に相談して補聴器の導入を。

マスクをはずせない2度目の夏の熱中症対策

昨年に続き、マスク着用下での熱中症対策が欠かせないシーズンを迎えた。マスク着用は熱中症リスクを高める。適宜マスクをはずしつつ、水分を定期的に補給していくことになる。この水分にスポーツドリンクはどうなのか、高血圧なら塩分はどうするか、ポイントをまとめた。

メガネ型拡大鏡を老眼鏡代わりに使うのは危険

メガネを着用するように、目にかけて使える拡大鏡、いわゆる「メガネ型拡大鏡」が、両手を自由に使えるからと人気だが、老眼鏡代わりに使うなど、誤った使い方によりトラブルが起きるケースが少なくないようだ。国民生活センターによる最近の注意喚起と正しい使用法を紹介する。

コロナ禍における認知症予防と認知症への備え

コロナ対策として必須の外出自粛は、認知症予防の観点からは最悪の行動パターンだと、専門家は指摘する。認知症になるリスクを下げるためには、体の運動に加え、知的活動や会話が奨励される。加えて、認知症への経済面での備えとして認知症保険についても書いてみた。

「冷え性」をスパイスで解消し免疫力をアップ

コロナ対策に免疫力アップは必須。国民の8割が経験しているという「冷え性」は、免疫力低下の主因の1つ。そこで、内臓を「ヒハツ」というスパイス(香辛料)で温めて冷えを解消するという説を紹介する。ヒハツは漢方薬にも使われる薬草。コショウに代えて使ってみてはどうか。

コロナ禍の今年の冬は「脱水」に特に注意を!!

「脱水」は熱中症がらみで夏の話と考えがち。だが、空気の乾燥と暖房で汗をかく冬も脱水リスクは高い。特に今年の冬は、コロナ対策としてのマスクの着用や、巣ごもり生活で運動量が低下して筋肉量が減ること等により、特に注意が必要と「かくれ脱水委員会」は警告する。

コロナワクチン接種の前に考えておきたいこと

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国内におけるワクチン接種がようやく現実味を帯びてきた。ワクチン接種は強制ではない。受けるか受けないかは、かかりつけ医と相談のうえ、最終的には自分で決めることになる。この判断に際し、知っておきたい情報をまとめた。

新型コロナの家庭内感染予防に歯磨きの見直しを

新型コロナの感染拡大に歯止めがかからない状態で年末年始の休暇を迎えることになる。帰省を控え、常日頃から生活を共にしている家族と自宅で過ごすことが奨励されている。最近増加している家庭内感染を防ぐ対策のうち、見逃しがちな「歯磨き」と感染予防の関係をまとめた。