床ずれをつくらせない、悪化させないために




車いす

床ずれは予防できるし
悪化を食い止めることもできる

在宅での療養生活が続くなかで、同じ姿勢で寝ている時間が長くなったり、坐椅子や車椅子などに長時間座りっぱなしでいると、褥瘡(じょくそう)ができやすくなります。
一般に「床ずれ」と呼んでいるものです。

床ずれとは、仙骨部と呼ばれるお尻の中央の骨が出た部分や踵(かかと)など、からだの一定部位が自分の体重などで圧迫され続けることによって局所的な循環障害、つまり血流が悪くなったり、滞ったりすることが原因で皮膚表面にできる傷のことを言います。

床ずれは、靴ずれができるメカニズムととてもよく似ています。
購入したばかりの靴が少々きつく、踵のあたりがすれるのを気にしつつもそのまま履き続けていると、やがてペロッと皮がむけて、痛みで歩行に支障を来すほどになってしまいます。

しかし、踵がすれるのに気づいた時点で、除圧できるようなテーピングを施して皮膚を保護してあげると、多少擦れた程度のところで傷の悪化を食い止めることができるものです。

床ずれも靴ずれと同じです。
注意して早めの対応をすることにより防ぐことができます。
そこで今回は、床ずれの予防、およびできてしまった床ずれをさらに悪化させない工夫について書いてみたいと思います。

スライディングシーツを利用し
定期的な体位交換の負担を軽減

床ずれを防ぐ対策として日本褥瘡学会は、①定期的な体位交換、②体圧を分散する寝具の使用、③栄養管理、④スキンケアの4点を、ホームページなどで広く呼び掛けています。

定期的な体位交換とは、寝ている方のからだの向きや姿勢を時間ごとに変えることです。
姿勢を変えることにより体圧を分散させ、床ずれのできやすい骨の突出部分に体圧が集中的にかからないようにするわけです。

とは言うものの、ベッドに寝ている人を持ち上げてからだの向きや姿勢を変えることは容易ではなく、しばしば介護者の腰痛の原因となりがちです。
その負担を少しでも軽減するためには、「スライディングシート」あるいは「スライディングマット」と呼ばれる体位変換用に作られた介護用具を活用するといいでしょう。

スライディングシーツもスライディングマットも、表面の滑りを良くして摩擦を抑えることにより、わずかな力で体位変換やからだを移動させることができるようになっています。
介護者はもちろんできが、介護される側の負担を軽くする効果も期待できます。

床ずれ防止に有効な福祉用具は
介護保険で貸与を受けられる

体圧を分散して局所的に圧力がかからないようにすることで床ずれ防止効果をねらった寝具としては、「エアマットレス」や「ウレタンフォームマットレス」などがあります。
また、車椅子用としては「体圧分散クッション」が各種あるようです。

体位変換用のシーツ類も体圧分散タイプのマットレスやクッションも、介護保険では「床ずれ防止に有効な用具」として、貸与(レンタル)サービスの対象となっています。
介護保険の要介護認定を受けていれば、という条件はつきますが……。

ただし、要介護認定で要支援1・2、要介護1の方は、レンタルの対象外となっています。
また、使用目的が明らかに床ずれ防止であっても、シーツやマット、クッションの素材や形状によっては、介護保険の対象外となることもあります。

詳しいことはかかりつけ医や担当訪問看護師、担当ケアマネジャー、あるいは福祉用具の使用に関するプロ「福祉用具専門相談員」に相談すれば、適切なアドバイスを受けることができるはずです。
この福祉用具専門相談員の所属先は、介護保険の指定を受けている「福祉用具貸与・販売事業所です。その所在については、訪問看護師や担当ケアマネジャーにおたずねください。

床ずれの発生・悪化に
「亜鉛不足」が関係している!?

床ずれに低栄養状態、とりわけたんぱく質の不足が関係していることはよく知られています。
この低栄養状態に関連して、最近の研究により「亜鉛不足」が床ずれの発生や悪化に大きく影響している可能性があることが確認されています。

亜鉛は、カルシウムやマグネシウム、ナトリウムなどと同じ必須ミネラルの1つです。
亜鉛不足が高齢者に多い味覚障害の原因だとする指摘があることは、先の記事で紹介しましたが、褥瘡の発生・回復過程にもマイナスに働いているというのです。

亜鉛はあらゆる食材に含まれているのですが、特に含有量が多いのは、牡蠣やうなぎ、レバー類です。手軽なところでは、牡蠣の燻製油漬け缶詰にも多く含まれています。
また、カシューナッツやアーモンドなどにも多く含まれていますから、クラッシュミルサー などで粉砕し、ふりかけとして摂る方法もおすすめです。

味覚異常を自覚する高齢者が増えている。原因として多いのが亜鉛不足だ。亜鉛を含む食材は多く、普通に食事ができていれば不足する心配はないのだが、食が細くなったり、胃腸機能が低下して消化吸収が悪くなると亜鉛不足から味覚障害へとつながりやすい対策は……。

ファーストフードや降圧薬、脳循環改善薬に要注意

逆に亜鉛の吸収を妨げる食品には注意が必要です。
調理済みの「ファーストフード」と呼ばれる食品は、その手軽さからつい利用したくなるのですが、亜鉛の吸収を妨げる食品添加物が多く、食べ過ぎないように注意が必要です。

ハムやソーセージ類、ちくわやかまぼこのような魚肉の練り製品、カップ麺に代表されるインスタント食品、さらには菓子パンなどが該当します。

また、高齢者の多くが処方を受けている降圧薬や脳梗塞後遺症のめまいや意欲の低下といった症状の軽減を目的に処方される脳循環改善薬、一部の抗がん剤、あるいは抗うつ薬のなかには、亜鉛の吸収を抑制する作用をもつ薬もあります。

この種の薬を服用している方は、かかりつけ医に床ずれができていること、あるいは回復が遅れていることなどを伝え、薬の変更を相談してみることをおすすめします。