「もしバナゲーム」で最期どうしたいか考える

命の終わりを見据えたこれからの生き方、特にもしものときにどうしたいかは、話題にしにくい。人生会議において、家族や医療スタッフとそのことを気軽に語り合うツールとして、医師らが開発した余命半年を体験するゲーム、「もしバナゲーム」を紹介する。

「事前指示書」が最期まで尊重されるために

「自分の人生をどう締めくくりたいか」を事前の意思として表明していても、最期のときにその意思が尊重されないこともあります。そんな事態を避けようと、今医療現場で「アドバンス・ケア・プランニング」という取り組みが始まっていることを書いてみました。