点滴により水分だけでなく栄養分も補給できます




サングラス

手足の末梢静脈を使う点滴は、
水分の補給が主な目的

「点滴」という言葉は、このところ日常的に使われるようになりました。
「風邪で元気が出ないから、点滴でもしてもらおうかしら……」といった具合です。

実際、クリニックを開業している医師によれば、風邪で食事が撮れない、極度の疲労といったことを理由に「点滴をしてもらえませんか」と言って訪れる患者は少なくないとのこと。

とりわけインフルエンザのシーズンや熱中症のリスクが高くなる暑い夏などには、点滴を希望する患者さんが多くなるそうです。

「でも僕は、その方の体力がよほど落ちていないかぎり、家に帰ってきちんと食事をして身体を休めた方が早く回復できますよ、と話し極力点滴はお断りしていますけどね」

このような場合の点滴は、静脈に送り込む輸液に少々の電解質やビタミン剤などが加えられるものの、主な目的は水分補給です。

医学的には「末梢(まっしょう)静脈栄養法」と呼ばれ、文字どおり、手足の皮下を走っている細い末梢静脈を使って行われます。

末梢静脈による栄養補給には限界が

末梢静脈を使って行われる点滴は、外来や在宅でも比較的簡単にできます。
一時的な脱水や食が思うように進まず体力が落ちているようなときには、それなりの回復効果が期待できます。

ただ、人生の終末期に口からものを食べられなくなり、栄養状態が低下しているような場合に、手足の細い血管からカロリーの高い栄養分を持続的に補給することには、浸透圧の関係から限界があります。

浸透圧について初めて学んだのは、中学生の頃だったでしょうか。
異なった濃度の二種類の液体が隣り合うと、濃度を同じにしようとして高濃度で浸透圧の高い溶液から低濃度で浸透圧の低い溶液の方に水分が浸透していく力が働く――。
確かそんな説明を受けて、実験してみたことをうっすら記憶しています

点滴によりできるだけ多くの栄養分を補給しようとすると、使用する輸液の浸透圧は自ずと高くなります。

輸液の浸透圧が体液より高いと、この浸透圧の力が働いて血管は絶えず刺激を受け続けることになります。
この状態を長く続けていると、血管が「血栓性静脈炎」を起こしやすくなります。
点滴の針を刺している周囲が炎症を起こして赤く腫れ、痛みを伴うようになってくるのです。

この静脈炎をそのままにしていると、痛みが強くなっていくだけでなく、感染が血管を介して全身に広まるリスクがあります。
こうした事態を防ぐために、末梢静脈栄養は中止せざるを得なくなります。

中心静脈を介しての輸液なら、
高カロリーの栄養を持続補給できる

そこで、カロリーの高いより多くの栄養分を点滴により持続的に補給したいときに提案されるのが、「中心静脈栄養法」(略称「TPN」)と呼ばれる点滴の方法です。
「高カロリー輸液」(略称「IVH」)とも呼ばれます。

この点滴で使うのは、末梢静脈よりも太い、心臓近くにある「中心静脈」と呼ばれる血管です。具体的には、鎖骨部分の皮下を走っている鎖骨下静脈から、専用の「中心静脈カテーテル」を挿入して行われます。

この方法で点滴ルートを確保しておけば、基本的には24時間安定して水分や栄養を補給できることになります。

また、腸管に何らかの病変があり胃瘻や鼻チューブによる、いわゆる経腸栄養法を行うことができない患者さんには、この中心静脈栄養法により安定的に水分や栄養を補給することができるというメリットがあります。

腸管を使わない中心静脈栄養法には、
感染リスクが高まるというデメリットが

しかし中心静脈栄養法にはデメリットもあります。
カテーテルの挿入部に感染が起きやすいという問題が一点と、より深刻な問題となるのは、腸管を使わない栄養法であることです。

ご存知のように、私たちの腸管には身体全体の免疫細胞の70%が集まっています。
点滴による栄養法では腸を含む消化管は使いません。
使わなければ当然、消化管としての機能は低下します。

腸についていえば、腸管粘膜が萎縮して、免疫機能が落ちてしまい、結果として、風邪やインフルエンザなどの感染を受けやすくなります。
しかも、いったん感染症にかかると治りにくく、肺炎などに進行しやすいうえに重症化しやすくなるという問題が起きがちなのです。

それと、24時間持続的に点滴を続けていると、どうしても活動が制限されます。
入浴もできないなど、日常生活が制限されるといったデメリットがあることも、「口から食べられなくなったとき」の対応を考える際には、よくよく心しておきたいものです。