介護疲れは「レスパイト入院」でリフレッシュ!!




息抜き

介護保険で人気の
「ショートステイ」サービス

在宅で家族の介護を担っている方は、公的介護保険に「ショートステイ」、正確には「短期入所生活介護」と呼ばれるサービスがあることはご存じのことと思います。
実際に利用した経験があるという方も少なくないでしょう。

要介護認定で「要介護1」以上の認定を受けた介護保険利用者が、特別養護老人ホームなどの施設に短期間入所して、食事や入浴など、日常生活を送るうえで必要な介護や機能訓練を受けることができるサービスです。

入所できる期間は1カ月につき最長30日です。
このサービスを利用すれば、日々の在宅介護で気が休まる間もなく少々疲れ気味という方は、一時的とは言え、介護の対象者である家族(介護保険の利用者本人)が施設に入所している間はしばし介護から解放されます。

このことが介護負担を軽減して貴重な癒しとなります。
介護者は空いた時間を趣味に当てたり、友人と外食を楽しむなどして、心身ともにリフレッシュし、気持ちも新たにまた介護に取り組むことができるようになります。
介護する側にもされる側にもなかなかの人気で、利用者も比較的多いサービスと聞きます。

医療的かかわりが必要なら
健康保険の「レスパイト入院」を

ところが、同じ在宅療養をしている方で要介護認定により「要介護1」以上の認定を受けていても、口から食べられず点滴や胃ろうから栄養補給をしているなど、医療的かかわりが必要な状態にある場合には、ショートステイは断られてしまいます。

そのような在宅療養者が、ショートステイ同様のサービスを公的な健康(医療)保険で利用できるようにと、「レスパイト入院」という制度が用意されていることをご存知でしょうか。

レスパイト入院を利用できる患者の条件としては、受け入れ先の医療機関により違いはありますが、一般に、①以下のような医療的かかわりが連日必要ではあるものの、②病状自体は安定していること、また③かかりつけ医の紹介状があること等があげられます。

⑴ 胃ろうや経鼻、点滴による栄養補給を受けている
⑵ 人工呼吸器を使用している
⑶ 気管切開をしている
⑷ 在宅酸素療法を受けている
⑸ 褥瘡(床ずれ)の処置が必要である

レスパイト入院を利用して
介護者が一時休息をとる

ところで、レスパイト入院の「レスパイト(respite)」という英語には、「休息」とか「一時休止」あるいは「息抜き」といった意味があります。
この言葉が意味するように「レスパイト入院」とは、在宅療養者を支えている介護者がひとときの休息をとるために、患者の一時的入院を引き受けるサービスと、説明することができます。

レスパイト入院を受け入れているのは、主に「地域包括ケア病棟」のある医療機関です。
地域包括ケア病棟とは、急性期の治療が一段落して病状が安定した患者が、在宅療養へ向けて準備をする期間を過ごすために用意された病棟を言います。

レスパイト入院として入院できる期間は、「原則2週間」とされています。
加えて、レスパイト入院に使える病床数が限られていることなどから、次回のレスパイト入院については、前回レスパイト入院の退院から3カ月程度空けること、といった条件を設けている医療機関が多いようです。

健康保険でカバーできる
レスパイト入院の入院料

レスパイト入院には健康保険が適用されます。
入院費用は、地域包括ケア病棟入院料として1日当たり2,558点(25,580円)の定額となりますが、このなかには食事代などは含まれていませんから別途用意する必要があります。

例えば、レスパイト入院で2週間入院した場合は、
医療費(10割)25,580円×14日+食事代(1食260円×3×14日)で、合計369,040円です。
健康保険が3割負担の方は、医療費107,436円+食事代10,920円で、合計118,356円、1割負担では、医療費35,812円+食事代10,920円で、合計46,732円となります。

医療費・食事代は、所得に応じて異なる場合があります。
また、高額療養費制度などを利用すると自己負担分はかなり軽減されます。

医療機関で検査を受けたり薬局で処方薬を受け取って支払う医療費は、一部の自己負担分だけに抑えられるものの、高額になることも珍しくない。その負担が家計を苦しめないように、高額療養費制度が設けられている。この制度の利用方法についてポイントをまとめた。

介護者のレスパイト(休息)に加え
冠婚葬祭、旅行の際も利用できる

レスパイト入院は、介護者の休息目的以外にも、身内や友人などの冠婚葬祭や出張、旅行などにより一時的に在宅介護から離れる場合も利用できる制度です。
レスパイト入院の利用を考えている方は、遠慮なく、かかりつけ医か担当の訪問看護師、あるいはケアマネジャーに相談することをおすすめします。

なお、レスパイト入院については、ごくまれに「社会的入院」と混同され、周りの目を気にして敬遠されることがあるようです。

しかし、社会的入院とは、医学的には治療を続ける必要がなく、在宅療養が可能な状態にあるにもかかわらず、介護の担い手がいないなどの家庭の事情や患者の引き取り拒否などにより、長期間入院している状態、つまり退院を前提としていない入院のことを言い、レスパイト入院とははっきり区別する必要があります。

なお、認知症の家族を介護している方の息抜きに利用できる介護保険サービスもあります。
詳しくはコチラの記事を参考に!!

在宅で認知症の夫や妻を介護していると、24時間、365日一緒に暮らしていることにより心身ともに疲労困憊の状態に陥りがち。時には介護から解放される時間を持つことがすすめられる。その一つの方法として、認知症デイサービスの利用を提案したい。