「ピンピンコロリ」の秘訣「まごたち食」とは?




箸を使う

「ピンピンコロリ」につながる
医師がすすめる「まごたち食」

世界でもトップクラスの医療先進国に生きる私たち――。
「だから」なのか「なのに」なのかは大いに迷うところですが、高齢者には「ピンピンコロリ」願望の方が多いという話を、昨日書きました。

「ぽっくり寺」を参拝する年配者が跡を絶たないと聞きます。「ピンピンコロリ」悲願者の多さがうかがえるものの、医療の発達によりかなりシビアないのちも救われている現状を思うと、「ピンピンコロリ」はそう簡単ではないと思えてくるのですが……。

今日は、この「ピンピンコロリ」の秘訣のひとつとして、「まごたちわやさしい」としても知られる、いわゆる「まごたち食」を紹介したいと思います。

実をいうと私自身、15年ほど前から、この「まごたち食」ということを強く意識して、毎日の食事づくりをしています。

当時国立がんセンター研究所で疫学部長を務めておられた渡邊昌(わたなべしょう)医師から、がんを未然に防いで健康を維持し、ひいては健康長寿につなぐ鍵となる副食(おかず)の摂り方として紹介されたのがきっかけでした。

「まごたち食」で低栄養を防ぎ、
天寿を全うして「ピンピンコロリ」

「まごたち食」とは、健康を維持、増進していくためには何を食べたらいいのかを、従来のような栄養素ではなく、具体的な食品で示した指針です。

長く歳を重ねるにつれ、どうしても食が細くなったり、食事を抜くことが多くなったりして、低栄養の状態に陥りがちです。
低栄養の状態が続けば、体重が減って疲れやすく、活動が緩慢になりやすいもの。

同時に気力も低下してきますから、外出するのも億劫で、どうしても家に閉じこもってじっとしている時間が長くなってしまいます。
こうして遂には、フレイルと呼ばれる状態に陥り、要介護、さらには寝たきりの生活を送るということになるわけです。
これでは「ピンピンコロリ」は、まず叶わないでしょう。

かつては「もう歳だから」と諦めていた体力や気力が低下した「フレイル」と呼ばれる状態は、その兆候に早めに気づき生活習慣を改善すれば、要介護状態への進行を食い止めることができます。その第一歩となるフレイルチェックの方法を紹介します。

そんな状態にならないようにと、かかりつけの医師や看護師、保健師などから、「バランスのよい食事」を毎日決めた時間に三度三度きちんと摂るようにと、すすめられた経験をお持ちの方は少なくないと思います。

この「バランスのよい食事」というのがあまりに漠然としていて、栄養学的な知識でもないと一般にはわかりにくく、なかなか続かない。

そこで、これまでのようにあまり馴染みのない栄養素で説明するのではなく、日々の食事で意識して食べてもらいたい食品を具体的に提示して説明したらわかってもらえるのではないか、との発想から生まれたのが「まごたち食」だと聞いています。

「まごたち食」で
重度の糖尿病をコントロールした医師

その摂り方ですが、食事は大きく「身体のエネルギーとなる主食」と副食に分けられます。
副食はさらに「血液や筋肉となるたんぱく質を多く含む主菜」と「身体の調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含む副菜」に分けられます。

このなかの副食としての主菜と副菜、つまり「おかず」を摂るときに、「まごたちわやさしい」を意識して摂るようにしよう、というのが「まごたち食」です。

「まごたちわやさしい」とは、「豆類(ま)、ごま(ご)、卵(た)、乳製品(ちち)、わかめなどの海藻類(わ)、野菜(や)、魚(さ)、しいたけなどのきのこ類(し)、いも類(い)」の9種類の食材の頭文字を並べたものです。

これらの食品を使って食事をつくり、食べるようにしていれば、食材選びで迷うこともなく必要な栄養素をバランスよく摂ることができます。

しかも、いずれも最寄りのスーパーなどで簡単に手に入れることができる伝統的な食材ばかりですから、私たちの身体にも馴染みやすく、スムーズに栄養源として働いてくれるというわけです。

この取材から数年後に知ったことですが、渡邊医師はご自身の「インスリン注射を必要とするほどだった重度の糖尿病」を、この「まごたち食」と主食のご飯を減らすなどしたカロリー制限により適正にコントロールしておられるとのこと。

77歳の喜寿を迎えられた今年(2018年)からは、ご自身の実績をベースに、アジア太平洋臨床栄養学会の会長としてお忙しい日々を送っておられる伺っています。

私たち日本人の伝統的な食文化である「和食」は、理想的な栄養バランス、長寿につながる食事であることなどが認められ、2013(平成25)年12月に、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。

それだけに「まごたち食」の育ての親ともいえる渡邊医師の出番は、この先日本の国一国を越えてさらに増えるのではないかと、ちょっと誇らしく思ったりもしています。