「エンシュア」はどこまで食事代わりになるのか




モーニングカップとプレート

エンシュアだけに切り替えたいが、
必要な栄養は十分摂れるのか

「エンシュア」というドリンクタイプの総合栄養剤に関する記事を書いたところ、親しくさせていただいているA氏から、「エンシュアというドリンク剤だけでどれだけ生き続けられるのか」といった趣旨の問合せが届きました。
その記事は⇒「エンシュア」で口から食べるをあきらめない

A氏から実年齢をうかがったことはありませんが、日頃の話題から察するに、そろそろ80代に入るお歳かと推測されます。
昨年の暮れも近い頃、食事を飲み込みにくくなって受診し、検査の結果、食道がんと診断されたのだそうです。そのとき医師からは手術と抗がん剤による治療をすすめられたのですが、「それは頑として断り、放射線治療にしてもらった」とうかがっています。

1回目の治療を無事に終えて退院、今は自宅で週に3日、近所のかかりつけ医に訪問診療をお願いし、点滴を受けながら、奥さんが飲み込みやすいように工夫した食事を、誤嚥しないように気をつけながら少しずつ口にしているとのこと。
「市販の介護食や離乳食のようなものも使っているようだが、とろみをつけたり、すりつぶしたりと、毎日三度三度の食事の支度で、もう若くないワイフも大変でね。この際彼女のためにも、点滴もやめ、エンシュアを主食にしようと思っているのだが、果たしてエンシュアだけで生きていくのに必要な栄養が摂れるのだろうか」
というのが、A氏からのお問合せでした。

エンシュア・Hを1日3缶で
必要なエネルギー量を摂取

私たちが健康な状態で社会生活を送っていくうえで必要とされるエネルギー量や栄養素の量は、「日本人の食事摂取基準」としてまとめられています。
この基準は、来年(2020年)改定される予定で、現在厚生労働省で検討作業が続けられていますが、その内容については同省のホームページで随時見ることができます。
それを見ると、高齢者については、新たに低栄養やフレイル(虚弱状態)の予防も視野に入れた検討が重ねられているようです。

したがって、新基準では多少の変更が出ると考えられます。
しかし現行の食事摂取基準(2015年版)によれば、70歳以上の男性で身体活動が「Ⅰ」のレベル、つまり生活の大部分を坐った姿勢で静かに過ごしている場合の1日の必要エネルギー量は、1850kcal(キロカロリー)となっています。

ただし、これはあくまでも標準値です。
先に、「平穏死」という人生の終わり方について書いた記事(コチラ)で紹介している石飛幸三(いしとび こうぞう)医師によれば、人生の幕を閉じようとしている人の必要エネルギー量はまだわかっていないとのこと。
とは言え、その人の体格や病状による違いはあるものの、入院してほぼ終日横になった状態で静かに過ごしていても、1日1000kcalは最低必要だろうといわれている、とのことです(参考資料:『「平穏死」という選択 』p.81)。

1日1000kcalとして、エンシュア・リキッドは1缶250ml中250kcalですから、1日に4缶は必要ということになります。一方、濃縮されたタイプのエンシュア・Hにすれば1缶250mlが375kcalですから、1日3回1缶ずつで必要量を超えるエネルギーが摂れる計算になります。

エンシュアには
必要な栄養分をバランスよく配合

この話をA氏にしたところ、当然ながら「エネルギーは摂れたとしても、栄養素についてはどうなんだろうか」という話になりました。
この点については、たとえば自動販売機などで手に入る栄養ドリンクと異なり、エンシュア・リキッドにもエンシュア・Hにも、たんぱく質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどの栄養分がバランスよく配合されています。
「だから、大丈夫でしょう」と話すと、A氏はようやく納得したようでした。

「大丈夫だろう」と推測する根拠はいくつかあります。
たとえば先に紹介した(コチラ)、私の仕事上の大先輩である女性は、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を起こすリスクを指摘されて以降、エンシュア・リキッドを主食にした食生活に切り替えてすでに2年が過ぎようとしています。

先輩によれば、誤嚥しないように気をつけながら、ティータイムには大好物の和菓子をつまむこともあるとのこと。また、エバースマイル というムース食のレトルトを常備していて、その日の気分で好きなものを少量ずつですが、食べたりもしているようです。
こうした食生活で、現在も桜のシーズンの到来を楽しみにしていて、「一緒にお花見に」と誘ってくれるほど元気です。

エンシュアを食事代わりに5年生存率をクリア

また、健康や医療に関する解説でお馴染みの中原秀臣(なかはら ひでおみ)医師も、1日に飲んでいる缶数の言及はありませんが、エンシュア・リキッドを食事代わりにして、中咽頭がんながら「5年生存率」をクリアしたことを公表されています(コチラ)。

さらに挙げれば、エンシュアではありませんが、先に紹介した石飛幸三医師の著書『「平穏死」という選択』に登場する松永さんというご夫婦の例があります。
認知症になった奥さんが誤嚥性肺炎を起こして病院に搬送されると、担当医師から胃瘻(いろう)の提案が……。夫の松永さんはその提案を拒否して退院し、石飛医師のいる特別養護老人ホームへ移り、奥さんに1日2パックのゼリーを食事として与え続けたそうです。

そのゼリーは1パック300kcalで、2パックですから1日600kcalだけです。
それだけの栄養で奥さんが1年半生きておられたことに、石飛医師自身も「意外な新事実だった」と書いておられます(P.81)。

口から食べることが難しくなってくると、医師は概して胃瘻や鼻チューブを介して人工的に栄養補給することを提案します。しかし、明らかに禁食が必要な場合は別として、人工的ではなくできれば自然にゆだねる選択をしたいと考えている人も少なからずいるでしょう。
そんな方々の参考になればとの思いからエンシュアに特化して書いてみました。

なお、「エンシュア」については、こちらも参考にしていただけると思います。
「エンシュア」を美味しく効果的に飲む
「エンシュア」を医師に処方してもらえない!?