抗がん剤治療を受けるかどうかで迷ったら

医師と相談

抗がん剤治療の提案を受け
まず気になった副作用

抗がん剤治療の提案を受けてまず頭に浮かぶのは、副作用の問題でしょう。

胃がんで、腹腔鏡と呼ばれる内視鏡による胃切除術を受けた知人も、術後に担当医から、
「がんが再発するのを予防するために、補助的に抗がん剤による化学療法を併用する方法もありますが、どうしましょうか」
と言われ、とっさに考えたのはやはり副作用のことだったそうです。

抗がん剤による治療を受けた同僚の話を聞いたり、ネット上で闘病手記を読んだりしてみると、当然個人差はあるものの、かなりつらい副作用があることがわかります。

なかには、「抗がん剤の副作用が強すぎて、食事がいっさい喉を通らず、すっかり衰弱してしまった。こんなことなら化学療法など受けなければよかった」
といった書き込みさえあります。

迷った挙句、「セカンドオピニオン*を受けてみようと思うのだが、どうだろうか」
と相談を受けた私は、セカンドオピニオンも悪くないが、その前に、担当医と改めてきちんと話し合ってみてはどうかと、提案しました。

*セカンドオピニオンとは、担当医(主治医)以外の医師から治療法などについて話を聞くことをいう。より的確な見解を得るには、担当医による紹介状と検査データなどを持参し、自分の病状を知ってもらうことが大切。担当医に内緒で別の医師を受診しても得られる意見には、適正さに限界がある。

抗がん剤治療を受けるうえで
大切なことを事前に知っておく

こうした私の提案に、
「担当医と話し合うって言っても、何を、どう聞いたらいいのか」
どうしても躊躇してしまうという知人――。

そこで、「ここを読んで参考にしてはどうかしら」と紹介したのが、静岡県立 静岡がんセンターの公式Webサイト上にある「がん体験者の悩みQ&A」コーナーです。

そこにある「悩みと助言」のなかで、
「抗がん剤治療を受けるかどうか、副作用に対してどの程度まで体力が持つのか心配した」
という体験者の悩みに対する「助言」が紹介されています*¹。

この助言では、まず「抗がん剤治療へのイメージ」と題して、抗がん剤治療には副作用に関するマイナスイメージが先行しがちだが、現在では、副作用を最大限抑える工夫や対応が行われていることを紹介しています。

そのうえで、事前に知っておきたい「抗がん剤治療を受けるうえで大切なこと」として、おおむね以下の点をあげています。

  • 抗がん剤治療中に起こり得る自分の体調の変化を理解する
  • 症状の変化や気になる点があればメモしておき、診察時に担当医や看護師に伝える
  • つらいことや不安なこと、困ったことがあれば、担当医や看護師など医療チームのスタッフに遠慮なく相談する
  • 担当医や看護師等医療スタッフの助言やサポートを受けながら、副作用を予防したり、副作用によるつらさを軽くするための工夫をする
  • 日々の生活リズムを調整する
  • 体がつらいときは、家族や友人などにもサポートしてもらう

自分はなぜ迷っているのか
問題を整理し担当医と話し合う

また、抗がん剤による治療を受けるかどうか決めかねて、迷ったり悩んだりしている理由としては、大別して以下の2点が考えられるとし、自分の場合はそのいずれなのかを考え、問題を整理してみるようすすめています。

  1. 抗がん剤の副作用による体へのダメージが不安で、治療を受けるかどうか迷っている
  2. 抗がん剤治療そのものへの漠然としたマイナスイメージがある

そのうえで、迷う理由がいずれであっても、担当医から提案されている治療について十分な説明を受けてきちんと理解し、決めかねている理由についても正直に伝えたうえで、最終的には自分の意思で決めるように促しています。

なお、担当医から提案されている抗がん剤治療について話し合い、理解を深めていくうえで、会話が途切れがちだったり、自分が考えたり迷ったりしていることをなんとかわかってもらおうとしてもなかなかうまく伝わらない、と感じることも少なからずあるでしょう。

そのようなときは、常に側にいてくれる看護師を医師との会話のパイプ役、あるいは通訳として活用するのも一つの方法です。

この点について詳しくは、こちらの記事を読んでみてください。
→ 医師とのコミュニケーション2つの秘策

担当医との話し合いで
抗がん剤治療について理解する

抗がん剤治療を希望するかどうかについて意思決定するまでの過程で、担当医に「何を聞けばいいのか」という知人の疑問が残っています。

この点については、神戸大学医学部の木澤義之教授らの研究チームが、厚生労働省の委託を受けて作成した「アドバンス・ケア・プランニング」に関する冊子*²を参考に、以下の点について質問し、確認してみてはどうかと伝えました。

ちなみにアドバンス・ケア・プランニングとは、いわゆる「人生会議」のことです。

  1. 自分の今の状態で抗がん剤治療を受けると、どのようなメリットがあるのか
  2. 自分の今の状態で抗がん剤治療を受けるリスクやデメリットはどうか
  3. 抗がん剤治療に代わる治療法にはどのような方法があるのか
  4. 抗がん剤治療を受けると、自分の生活にどのような影響があるのか
  5. 抗がん剤治療を受けた場合、この先どのような経過が予測されるのか

知人がこの先、どのような意思決定を下すのか、またそこに至るまでの担当医とのやりとりなど、その辺の経緯については、また改めて紹介できたらと思っています。

参考資料*¹:静岡県立 静岡がんセンター がん患者の悩みQ&A

参考資料*²:厚生労働省「これからの治療・ケアに関する話し合い――アドバンス・ケア・プランニング」