人生会議(ACP)は元気なうちから何度でも




会議

「人生会議」とは、
アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の愛称です

いのちの終活作業、つまり人生の最終段階における医療やケアについて、自分自身が中心となり家族や医療・ケアチームと繰り返し話し合う取り組み、「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」の大切さについては、このブログでも幾度となく書いてきました。

1人でも多くの人が納得のいくかたちで最期を迎えるためにも、アドバンス・ケア・プランニングのいっそうの普及が待たれるところです。
しかし、残念ながらこの呼び名自体、知名度はまだそれほど高くありません。

アドバンス・ケア・プランニングを普及させたい

そもそもアドバンス・ケア・プランニングの考え方は、欧米で生まれたものです。

それだけに「カタカナ語で意味がわかりにくい」などと敬遠されがちで、期待している割には一般にはあまり普及していないのが現状です。

そこで厚生労働省は、国民になじみやすい名称にして認知度を高め、アドバンス・ケア・プランニングのさらなる普及を図ろうと、広く一般から「愛称」を募集してきました。
そして、集まった1,073件の中から選ばれたのが「人生会議」です。

「人生会議」を提案したのは、
集中治療室勤務の現役看護師です

「人生会議」という愛称が発表されたのは、2018(平成30)年11月30日でした。
この発表に併せて厚生労働省は、「いいみとり」「いいみとられ」の語呂にちなんで、毎年11月30日を「人生会議の日」とすることも公表しています。

選ばれた「人生会議」案を応募したのは、聖隷浜松病院(静岡県浜松市)の集中治療室に勤務する現役看護師の須藤麻友さんです。
ちなみに集中治療室では、大手術後を含む、きわめて重篤な患者を24時間体制で濃密な管理体制のもとに専門的かつ高度な治療・ケアを行っています。

厚生労働省内で開かれた愛称発表会の席で須藤さんは、重篤な状態に陥り、意思表示もできないままに最期を迎える患者をケアすることの多い日々のなかで、
「患者さん自身はどう最期を迎えたいと考えているのかを、意思表示できるうちに医療従事者に話しておいてほしいと思うようになった」
ことが応募のきっかけだったと語っています。

食卓の場で気軽に話題にできるほど身近なものに

自分の死について語ることを「縁起でもない」と避けないでほしい。
人にはいつか必ずそのときがやってくることを真摯に受け止め、元気なうちから「もしものとき」のことを考えることが広く受け入れられ、定着していって、より多くの人が自分の望む最期を迎えられるようになったらいいのにな――、と須藤さん。

「食卓の場で気軽に話題にできるくらいアドバンス・ケア・プランニングが身近になり、広く浸透していってほしい」
「人生会議」という愛称に込めた思いを、こう説明しています。

「人生会議をやろうよ」と、
家族や仲間と最期について話し合う

この発表からそろそろ1か月になります。
この愛称には賛否両論あるようですが、「人生会議」という言葉自体、まだ私たちのお茶の間までは届いていないように思いますがいかがでしょうか。

思えば47歳で亡くなったフリージャーナリストの千葉敦子さんは、「よく死ぬことは、よく生きることだ」というとても重い言葉を遺しておられます。

1987年にニューヨークで亡くなった千葉敦子さんの生き方が、30年以上が過ぎ、「死への準備」の重要性が叫ばれる今になり、改めて注目されています。アドバンス・ケア・プランニングの観点から、思うことを書いてみました。

自らのいのちの終わり方について考えるということは、その最期のときに至るまでの自分の生き方を考えることにつながるということです。
そう考えると、アドバンス・ケア・プランニングの愛称が「人生会議」というのも、言い得て妙だと思うのですが、どうでしょうか。

事前指示やリビングウイルを一歩進めて

「人生会議」を愛称に決定したのは、元NHKアナウンサーで国立成育医療研究センターもみじの家ハウスマネージャーの内田勝也さんを座長とする「ACP愛称選定委員会」です。
委員会は選定理由として、以下の2点を挙げています。

  • 意味が明確な単語の組み合わせにより、日常会話に浸透していくことが期待できる
  • 家族等、信頼できる人たちと輪を囲んで話し合う、というイメージが湧く

加えて、座長の内田さんは、
「将来的には『うちもそろそろ人生会議をやろうよ』というのが日常会話として定着するのを期待している」と話しています。

人生の締めくくりを自分らしいものにするためにも、事前指示やリビングウイルをさらに一歩進めて、家族や友人、医療関係者と繰り返し人生会議で話し合い、その都度文章に書き留めておくようにしたいものです。

ひょんな話から人生会議に発展したケースをこちらの記事で紹介しています。
是非読んでみてください。

死にまつわる話は避けがちだ。そのため「人生会議」の普及はあまり進んでいない。しかし、熱中症が心配されるこの時期、父親の脱水を心配して点滴をすすめる娘との話がきっかけとなり、実は平穏死を希望している旨を家族に伝えることができた父親の話を紹介する。