食事量が落ちてきたら「ラコール」を処方された

抹茶ドリンク

コロナ禍で運動不足から
食が進まず、体重も減ってきた

コロナ禍のなか、いかがお過ごしでしょうか。
感染対策で外出を控えていると、どうしても体を動かすことが少なくなります。

結果として空腹感もあまりなく、食が進まない日々が続くうちに、
「ちょっと痩せてきたのでは?」
などと家族から心配されるようになった――。

こんなメールが、遠方で暮らす叔父から届きました。

すぐに電話をして詳しい話を聞くと、体重も、ここ数か月で5㎏ほど減っているとのこと。

エンシュア・リキッドの甘さと濃さに飽きる

今年で、確か85歳になる叔父は、5年ほど前に誤嚥(ごえん)騒ぎを起こしています。

以来、叔母が毎食用意する少し軟らかめの食事に加え、栄養補給にと、かかりつけ医の処方によるエンシュア・リキッドを飲むようになっています。

そこで、「エンシュア・リキッドはきちんと飲んでいるんでしょ」と尋ねてみました。

これに叔父は、
「いろいろな味を試してはいるが、あの甘さとドロッとし舌ざわりがどうも苦手で、このごろは飲んでも3日に1本くらいになっている」とのこと。

だったらと、甘さ控えめに作られているラコールのことを思い出した私は、かかりつけ医に処方を変更してもらってはどうだろうか、と提案してみました。

ラコールもエンシュアも
5大栄養素配合の半消化態栄養剤

ラコールとは、これまで紹介してきたエンシュア・リキッドやエンシュア・Hなどと同じ「半消化態栄養剤」です。

半消化態栄養剤とは、たんぱく質や脂質、糖質、ミネラル、ビタミンの5代栄養素をバランスよく含む、普通の食材に最も近い栄養剤です。

薬臭さなどはなく、消化吸収機能が低下している方のために用意されている「消化態栄養剤」や「成分栄養剤」に比べると味も飲みやすいように工夫されていて、抵抗なく飲むことができるというメリットがあります。

ただし、「半消化態」とあるように、体内で吸収されて栄養分となるには消化の過程を経る必要がありますから、消化機能が低下している方には不向きというデメリットがあります。

薬局やインターネット上などで医師の処方箋がなくても入手できる総合栄養剤の多くは、このタイプ、つまり半消化態栄養剤です。

数ある半消化態栄養剤のなかで、現時点(2021年2月)で医療保険が使える、つまり医師が医薬品として処方できるものとしては、エンシュア・リキッド、エンシュア・H、イノラスエネーボ、そしてラコールがあります。

アルミパウチ入りラコールは
1mlが1Kcalに調整されている

叔父の話に戻しましょう。

私との電話の翌日、早速、かかりつけ医を受診し、
「このところ食が進まなくて、食事の量が落ちてきたのですが……」と相談したそうです。

これにかかりつけ医は、叔父の様子や、コロナ禍の今の社会状況から、おそらく叔父が受診するに至った真意を即座に把握されたのでしょう。

簡単な診察をしたうえで、
「そのようですね。今処方して飲んでいただいているエンシュアは、ご高齢の方には甘さと濃さが気になって飲みにくいようですから、一度、ラコールに替えてみましょう」
と、了解してくれたと言います。

エンシュア・リキッドは1.0kcal/1mlですが、ラコールの液剤タイプ*も1mlが1.0kcalになるように調整されています。

ラコールは缶ではなくアルミパウチ、つまりアルミ製の袋に入っています。
1パック200ml(200kcal)と400ml(400kcal)の2種類があり、まずは試しにと200mlのパウチを処方してもらったそうです。

ラコール(正式名:ラコールNF)には、液剤と半固形剤の2種類がある。経口摂取できるのは液剤で、粘度が高いゲル状の半固形剤は、胃ろうに使用される。

牛乳アレルギーなら
ラコールに替えてエレンタールを

ラコールは、甘さを抑えるために精製白糖を少なくしている点と、ドロッとした舌触りを苦手とする方のために、脂質の含有量を少なめにして、そのぶん炭水化物の含量を多めにしているのが特徴とされています。

食事が十分とれない人に食事代わりに、あるいは食事を補うために飲んでもらえるようにと、フレーバー(食用香料)を変えて、「ミルク味」「コーヒー味」「バナナ味」「コーン味」「抹茶味」が用意されています。

なお、食事を補うためにラコールを飲む場合は、食欲との関係から、どのタイミングで飲むか、またその飲み方が難しいのではないでしょうか。

この点について、岐阜大学の田中善宏医師らが提案している方法をこちらの記事で紹介しています。エンシュアもラコールと同じ経腸栄養剤ですから、応用して飲んでみてください。
→ 食事の妨げにならない「エンシュア」の飲み方

ラコールは抗血栓薬と飲み合わせが悪い

注意点としては、ラコールは抗血栓薬のワルファリン(ワーファリン)との飲み合わせが悪く、ワルファリンの作用を弱めるリスクがあることです。

静脈血栓症や心筋梗塞、脳血栓などでこの薬を服用している方は、定期的に血液凝固検査(血液のかたまり具合を調べる検査)を受ける必要があります。

また、ラコールにはたんぱく源として牛乳と大豆が使われています。

したがって、牛乳に由来する「カゼイン」と呼ばれるたんぱく質が配合されていますから、牛乳アレルギーのある方は使用できません。

その点「エレンタール」なら、牛乳アレルギーの方も安心して飲むことができます。

胃瘻や点滴などによる人工的栄養法を嫌い、口から食べることにこだわりたいと話す人は少なくない。その際はエンシュアやエネーボ等の経口可能な経腸栄養剤が頼りになる。だが、牛乳アレルギーがありそれらを利用できないでいる方に安心して摂取可能な栄養剤を紹介する。