牛乳アレルギーで「エンシュア」を飲めない!?

ジュース

牛乳アレルギーでも飲める
「エレンタール」

歳を重ねるにつれて食が細くなってくると、低栄養状態に陥るリスクが高くなってきます。
あるいは食事中にむせて咳き込むといったことが多くなり、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が懸念されることもあるでしょう。

このような場合、かかりつけ医から胃瘻(いろう)や鼻チューブ、あるいは点滴による栄養補給を提案されることも珍しくありません。

医師からこのような提案を受けたとき、口からものが食べられなくなることを嫌い、
「できるだけ自然にゆだねたいから」と、
胃瘻や点滴といった人工的な栄養補給法を拒否する方が最近は増えていると聞きます。

そこで、このような方々に、「エンシュア・リキッド」や「エンシュア・H」「エネーボ」あるいは」「イノラス」といった経口摂取できるタイプの「経腸(けいちょう)栄養剤」と呼ばれる栄養ドリンク剤を紹介してきました。

ところがこれらの栄養剤は、いずれも牛乳たんぱくを成分にしています。
そのため牛乳アレルギーのある方は利用できないという問題がありました。

そこで今日は、牛乳アレルギーでエンシュアなどを飲めない方にも安心して飲んでいただける「エレンタール」を紹介したいと思います。

「牛乳アレルギー」と
「乳糖不耐症」は同じではない

「牛乳アレルギー」は、卵(鶏卵)アレルギーや小麦アレルギー、大豆アレルギー、蕎麦アレルギー等と同様に、食物アレルギーの1種です。

牛乳などの乳製品に含まれる乳たんぱく質を摂取した後にアレルギー反応が起こり、腹痛、下痢、咳、湿疹、蕁麻疹(じんましん)などの症状が現れます。

アレルギー反応が強いと、アナフラキシーショックと言って、呼吸困難や血圧の急激な低下、意識障害などにより深刻な事態に陥ることもあります。

牛乳を飲んだり、チーズなどの乳製品を食べると腹痛や下痢の症状が出ることから、「乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)*」と間違えられることが多いのですが、両者の原因、また現れる症状の程度も全く異なります。

*乳糖不耐症とは、牛乳などの乳製品に含まれている乳糖を消化する「ラクターゼ」と呼ばれる酵素の働きが体質的に十分でないために、乳糖を消化、吸収することができず、摂取すると消化不良の状態になり、お腹がゴロゴロしたり、下痢などをする病態を言う。

「エレンタール」のたんぱく源は
たんぱく分解後の「アミノ酸」

「エンシュア」や「エネーボ」には、また「イノラス」にも、牛乳由来の「カゼイン」と呼ばれるたんぱく質成分が含まれています。

カゼインは、それ自体が栄養価の高いたんぱく質ですから、栄養補給を目的とした栄養補助剤の類には好んで使われています。

ただし、牛乳たんぱくですから、牛乳にアレルギーのある方はアレルギー反応を起こす危険があるため、摂取することはできません。

一方、ここで紹介する「エレンタール」、正式名「エレンタール配合内用剤」は、アミノ酸、糖質、脂質、電解質、ビタミンの5大栄養素をバランスよく配合した栄養補助剤です。

たんぱく源として使われているのは、たんぱく質を分解し終えたアミノ酸ですから、体内でたんぱく質を消化する必要はありません。

アミノ酸がアレルギー反応を起こすリスクはない

またアミノ酸には抗原性がないため、摂取して体内に入っても異物として感知されてアレルギー反応を起こすといったリスクがないのも魅力です。

加えて「エレンタール」は「成分栄養剤*」です。
つまり、すべての栄養成分が消化をほとんど必要としない状態になっています。

そのため、摂取するとそのまま小腸から吸収されますから、吸収効率が高く、消化吸収機能が低下している方も摂取できる栄養剤です。

*成分栄養剤と半消化態栄養剤
「エレンタール」のように、すべての栄養成分が消化管による消化を必要とせず、そのまま小腸から吸収されるのが「成分栄養剤」で、すべて医薬品。
一方「エンシュア・リキッド」や「エネーボ」などの「半消化態栄養剤」は、いわゆる流動食で、医薬品と食品がある。
天然食品素材に最も近く、吸収するためには消化管による消化の過程を経る必要があり、消化吸収機能が低下していると利用できない。

医療医薬品「エレンタール」は
医療保険の適用になる

エレンタールには、アルミ袋入り製剤と、簡単に溶かすことができ、携帯にも便利なプラスチックボトル入り製剤の2タイプがあります。

どちらにも白色粉末80gが入っています。
1回にその1包または1ボトルのエレンタール粉末80gを約250mlの水またはぬるま湯(30~40℃)に、よく混ぜて溶かします。

この方法で溶解すると、1mlが1kcalになるように調整されたエレンタール液が300mlできますから、1包(1ボトル)で300kcalとなります。

これを何回かに分けて飲む場合は、その都度必要量を別のカップなどに取り分けて摂取することになります。

エレンタールは医薬品ですから、薬剤独特の味や香りがあります。
人によっては飲みにくいこともあり、その場合は飲みやすくするための風味づけに10種類のフレーバー(食品用香料)や、ゼリーやムース状に固める素材も用意されています。

入手にはかかりつけ医の処方箋が必要

ただし、エレンタールはエンシュアなどと同様に、医療用医薬品です。
入手には医師の処方箋が必要で、処方箋があれば医療保険が適用になります。

試してみたいという方は、かかりつけ医にその旨相談されるといいでしょう。

参考までに、エレンタールの薬価は58.6円/10gです。
80g入り1包(1ボトル)468.8円となり、その健康保険負担分の1割、あるいは2割、3割を支払えば手に入れることができます。