エンシュアによる下痢はこうして防ぐ・止める

鉢植え

クダを介さず口から食べたいが
エンシュアは下痢が心配?

食道がんで放射線治療を受けている知人のA氏が、口から食べることにこだわり、エンシュア・リキッドを食事代わりにした生活を続けているという話を先に書きました。読んでいただけましたでしょうか。

「エンシュア」というドリンクタイプの総合栄養剤については、胃瘻などの人工栄養に代わる選択肢として考える際に、「どこまで食事に代われるのか」との疑問を持つ方は多い。そこで、実際「エンシュア」を食事代わりにしている方の話や体験をまとめてみた。

数日前、この、80歳は優に超える大先輩のA氏から次のような相談を受けました。

「同病の仲間たちにエンシュアをすすめているのだが、下痢になるからと敬遠する人が多い。なかには下痢のつらさに負け、医師からの胃瘻(いろう)の提案を受けようかといいだす仲間もいる。下痢を防いでエンシュアを飲み続けるいい方法はないものだろうか」

胃瘻や鼻チューブを介しての人工的な栄養補給を断固拒否し、自然にゆだねる方法としてエンシュアを頼りに最低限の栄養を確保しているA氏です。

彼としては、できれば食事は自分の口からという自然な方法で続けたいと話す仲間の願いを叶えさせてあげたいと、真剣な表情で話します。

エンシュアに乳糖不耐症による
下痢の心配はない

エンシュア・リキッドにしても、エンシュア・H等にしても、下痢しやすいという話はよく聞きます。

水のような下痢とまでいかないまでも、泥状便(でいじょうべん)と呼ばれる、硬さのない泥のような便が1日に何回も出るという状態に陥ることも少なくないようです。

水様の下痢にしても泥状便にしても、本人にとってはつらいものです。

そこで、日本人に多いと言われる乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)*による下痢だろうなどと思い込み、「自分は体質的にエンシュアが向いていないのだ」と早々にあきらめてしまう方が多いようです。

しかし、エンシュアに乳糖は使われていません。

ですから、仮に「健康だった頃から牛乳を飲むと下痢していた」という乳糖不耐症の方も、安心して飲むことができるはずです。

*乳糖不耐症とは、牛乳などに含まれている乳糖を消化する「ラクターゼ」と呼ばれる酵素の働きが十分でないために、乳糖を消化吸収することができず、お腹がゴロゴロしたり下痢などを呈する病気を言います。
高齢者にとって牛乳は、フレイルやサルコペニアの予防に貴重なたんぱく源だ。しかし、牛乳を飲むと「お腹ゴロゴロ」等の症状に見舞われるため牛乳は飲めない人が少なくない。その主な原因である乳糖不耐症でも飲み方を工夫すれば牛乳を飲めるようになるという話をまとめた。

室温程度に温めて
少量ずつゆっくり飲む

一方でエンシュアのように濃厚で浸透圧の高い栄養剤は、飲むスピードが速すぎると腸管における吸収が追い付かず、腸管内に高濃度の栄養剤が溜まってしまいます。

これが原因となり、下痢を起こす可能性があるようです。

この場合の下痢は、少量ずつゆっくり飲んで、腸管内にエンシュアがいっきに溜まらないように工夫することで、ある程度防ぐことができるようです。

また、飲みやすいからと冷蔵庫で冷やしておいたものをそのまま飲んで下痢をする、といったことも多いようです。

この場合は、アイスクリームのような冷えたものを食べ過ぎたり、お腹を冷やしたときなどに下痢しやすいのと同じメカニズムです。

冷感刺激により腸管の運動が異常に高まり、栄養剤の通過スピードが速すぎることによって起こる下痢です。

冷蔵庫に入れてあったエンシュアは、せめて人肌程度に温めてから飲むようにすることで、このタイプの下痢は防ぐことができます。

実際、エンシュアを飲み始めた当初は何度か下痢をしたが、ほどよく温めてからゆっくり飲むようにしたところ、下痢はしなくなったという体験談を耳にしたことがあります。

エンシュアを温めるときは直火ではなく湯煎で

この場合の温め方ですが、エンシュア・リキッドの添付文書には、直火で加熱するのは避けることを促しています。

そのうえで、温め方としては、缶を開けずにそのまま微温湯(30~40℃)で湯煎(ゆせん)、つまりエンシュア缶より一回り大きい鍋等に微温湯を入れ、その中にエンシュア缶を入れて間接的に温める方法をとるのがいいでしょう。

このとき鍋等の湯はくれぐれも沸騰させないこと。

鍋を火にかけたまま缶を入れると、缶の中に残っている空気が膨張して破裂する危険がありますから、注意してください。

内服薬や栄養補助食品により
下痢や便秘になることも

エンシュアが原因と思い込んでいる下痢のなかには、処方を受けて内服している薬、たとえば抗生物質のような抗菌薬や抗がん剤、消炎鎮痛薬等の副作用によるものもあります。

「便が泥のようになっている」「トイレから離れられないほど頻回に下痢をする」「差し込むような腹痛とともに下痢をする」「下痢便に血が混ざっている」ようなときは、放置せずに、直ちにエンシュアを処方してもらっている医師に下痢していることを伝え、内服薬の内容を調整してもらうといいでしょう。

また、エンシュアを下痢などのトラブルもなく飲めるようになってくると、ムース状にした食事を少量ずつ食べたり、市販の栄養補助食品を加えたりするケースが多いようです。

ところが、新たに加えた食事や食品により腸内細菌叢(そう)、いわゆる腸内フローラにおける善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れてしまい、再び下痢になったり、逆に便秘になったりすることも起こり得ます。

こうした事態を防ぐためにも、エンシュアを処方してもらっている医師、あるいは訪問看護師等に、エンシュアに追加して食べたいこと、何を食べたいのかを逐一具体的に話し、問題がないことを確認してから食べることをおすすめします。

下痢が続くときは脱水に注意する

なお、下痢が続くと、身体の中の水分や電解質が便と一緒に排出されてしまうために脱水状態に陥るリスクがあります。

「いつもより口の中が渇く」「トイレに行く回数が少ない」のはそのサインです。経口補水液 を飲むなど水分補給をしてから、医師に相談することをおすすめします。

あるいは、たとえば大塚製薬 ポカリスエット パウダー を常備していると、パウダータイプですから、水や微温湯に溶かしてすぐに飲むことができるうえに、パウダーの状態で長期保存も可能ですから、下痢や発汗で失われた水分や電解質をスムーズに補給することができます。

医師によるエンシュアの処方に関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

食事による栄養補給が難しくなっても人工栄養ではなく「口から食べる」ことにこだわりたいとき、エンシュアは強力な味方だ。が、介護保険施設ではコストの関係で、医薬品であるエンシュアを処方してもらえないことがある。その理由と代替品についてまとめた。

むせたり咳き込むときはとろみをつけて

また、エンシュアを飲むときにむせたり咳き込むことがよくあるという方もいるでしょう。

このような飲み込み、つまり嚥下にトラブルがあると誤嚥(ごえん)を起こしがちですが、とろみをつけて飲むようにするとそのリスクは減らせます。詳しくはこちらを。

嚥下障害があるとエンシュアなどの経腸栄養剤は流動性が高く、誤嚥しやすい。そのリスクを避けようと「とろみ調整用食品」でとろみをつけようとしても、うまく混ざらないという経験はないだろうか。その解決策として、二度混ぜ法を紹介。併せてとろみ調整用食品の使用法も。