タッチケアが痛みや認知症症状をやわらげる

タッチ

タッチする刺激が、
オキシトシンを分泌して癒しを

「オキシトシン」というホルモンをご存知でしょうか。
「聞いたことがない」とおっしゃる方でも、生後の間もない一時期、母親に抱かれて母乳を飲んだという経験があれば、このホルモンにはずいぶんお世話になっているはずです。

オキシトシンは母乳を出すホルモンです。
母親に抱かれた赤ちゃんは、無意識にのうちに母親の乳首を探し当て、そこに吸いつきます。
この吸いつきが刺激となり、反応して出るオキシトシンが、母乳の分泌を促します。

これによって赤ちゃんは、母乳をたっぷり飲むことができます。
やがて空腹感から解放されて、安らかな笑顔を見せるようになります。

一方の授乳している母親も、わが子のその笑顔を目にして安堵し、幸せな気持ちになる、といったメカニズムが働きます。

このような母と子の間にポジティブな相互関係を生み出すことから、オキシトシンは、「愛情ホルモン」とか「幸せホルモン」、あるいは「癒しホルモン」とも呼ばれています。

触れられて出るオキシトシンが
痛みや認知症症状を緩和する

この「癒しホルモン」と呼ばれるオキシトシンは、私たちの脳の下部についている脳下垂体から分泌されるのですが、その働きについて、最近新しいことがわかってきました。

母と幼子の間での触れ合いだけでなく、人と人とのあらゆるかたちでの触れ合い、つまり「タッチング」によっても、オキシトシンの分泌が盛んになり、痛みをやわらげる効果が期待できることが確認されるようになってきたのです。

また、認知症になると、そもそもの症状である記憶障害や自分の周りの状況がわからなくなる見当識障害、思考や判断力の低下といった認知能力の低下に付随して、周辺症状と呼ばれる症状がみられるようになってきます。

不安や、妄想、幻覚、怒り、攻撃性といった心理面や行動面、感情面での症状ですが、こうした周辺症状に手こずり、看護や介護に難儀することが多いのが通常です。

タッチング、つまり家族や介護者が優しく触れることには、これらの症状も軽減させる効果を期待できることがわかってきてきたのです。

そこで看護や介護の現場では、この効果を慢性的な痛みを抱える患者の緩和ケアや認知症症状がみられる高齢者のケアに生かそうと、自らの手で患者の肌に直接触れるタッチケアが、いろいろなバリエーションで行われるようになってきました。

タッチケアの効用は
ビジネスマンのストレス緩和にも

たとえば数日前の早朝、起きてすぐにテレビをつけると、確かNHKだったと思いますが、認知症と思しき高齢女性の手を介護福祉士の女性が、ゆっくり言葉をかけながら、やさしくていねいにマッサージをしている映像が大きく目に飛び込んできました。

マッサージを受けている高齢者の手をよく見てみると、少しオイルがかって見えましたので、おそらくアロマオイルを使ったマッサージが行われていたのでしょう。

これを毎日続けていけば、アロマオイルの香りによるリラックス効果と、マッサージによるタッチングによるオキシトシン効果により、心身の安定がはかられ、認知症症状はかなり落ち着くんだろうな、と思ったものです。
関心のある方には『ハンドセラピー+アロマツボ通信講座』もあります。

看護領域ではこれとは別に、タッチケアの効果をより高めようと、スウェーデン発祥の「タクティール®ケア」と呼ばれるタッチケアが積極的に取り入れるようになっています。
手で直接肌に触れるというケアの基本は普通のタッチングケアと同じです。

ただしそのタッチングの仕方が、手を使って肌にただ触れたり擦ったりするのではなく、10分程度時間をかけて、軟らかく両手で包み込むようにしながら手や足、背中にゆっくりやさしく触れていくのがタクティールケアの特徴だと、説明を受けたことがあります。

詳細を知りたい方は『はじめてのタクティールケア―手で“触れて”痛み・苦しみを緩和する 』(日本看護協会出版会)が参考になります。

ケアする側もされる側も癒される

ところでNHKの先の番組では、タッチケアがビジネスパーソンたちのストレス対策としても活用されていると報じていました。

オフィスの状況からおそらくIT関連の会社だと思われます。
ある掛け声とともに20~30人はいるスタッフ全員がパソコン作業の手を止めて立ち上がり、二人が一組になってタッチケアを始めたのにはちょっと驚きました。

イスの背もたれやテーブルにもたれた相手の肩から背中全体を、両方の手のひらをぴったりくっつけるようにして、あたかもアイロンをかけるような感じでゆっくり時間をかけてまんべんなくなで回し、10分程度経ったら、交代して今度は自分がタッチケアを受けるといった要領で行われていました。

このタッチケアは、受ける側だけでなくタッチする側もオキシトシンの分泌が活性化する効果が期待できる点が、他のストレス対策では得られない効果だそうです。

私もパートナーとさっそくやってみましたが、確かに癒しの効果は大きく、終わってみるとやさしい気持ちになれたような気がしています。
あなたも一度試してみてはいかがでしょうか。

認知症介護に関してはこちらの記事もお役立てください。

在宅で認知症の夫や妻を介護していると、24時間、365日一緒に暮らしていることにより心身ともに疲労困憊の状態に陥りがち。時には介護から解放される時間を持つことがすすめられる。その一つの方法として、認知症デイサービスの利用を提案したい。
自宅で認知症家族を介護していると頑張りすぎて、「介護疲れ」から「介護うつ」に陥るリスクがあります。遠慮なく第三者やプロにSOSを出してほしいとの思いから、相談窓口や地域包括支援センター、さらには認知症サポーターについても書いてみました。
夫がアルツハイマー型認知症の診断を受けたが、本人がかねてから望んでいた在宅死をかなえてあげたい。ついては、残りの日々をこころを通わせながら過ごすにはどう付き合っていけばいいか――。こう語る友人に、ユマニチュードを紹介した話です。