前歯も使って物を噛むと脳の血流がアップする

ポッキー

自粛続きの変化のない生活で
軽い物忘れが頻繁に……

40代に入るころから、おそらく誰もが気になってくるのが「軽い物忘れ」――。
それも頻繁になってくると、「認知症かしら?」と疑ったりするものです。

先日も仕事仲間のNさん(40代後半)との電話で、そんな話になりました。

「コロナ禍で、どうしても変わり映えのしない生活をしているせいか、このところちょっとした物忘れが多くなってきた。夕べなんか、冷蔵庫を開けはしたものの、何を取り出すつもりだったのか思い出せなくて、焦っちゃった……」

そう聞いて、冷蔵庫の流れでしょうか、ふと頭に浮かんだのが、
「物を食べるときに奥歯だけでなく前歯も使って食べるようにすると、脳の血流量が増えて、脳の活動が活発化する」
ことを実証した研究結果があったことです。

2年以上前に発表された研究です。
新型コロナウイルスの感染再拡大により、さらに続く自粛生活で刺激が少なくなりがちな脳に、
「いつもと違うこと」を考えるネタを提供できたらと思い、紹介させていただきます。

奥歯だけでなく前歯も使うと
脳の活動がより高まる

この研究を行ったのは、江崎グリコ健康科学研究所の研究チームです。

脳の血流アップによる脳活動の活性化を促す方法についてはさまざま報告されています。

その多々あるなかで、「物を噛む」ことによる脳の活性化については、
「ガムを噛むことは脳の血流アップにつながる」
といった話をよく耳にします。

確かに、仕事中に集中力が落ちてきたり、眠くなってきたりしたときにガムを噛むと、頭がすっきりして、眠気も治まります。

しかし、このガムを噛むときに使っているのは、奥歯だけです。
そこで研究チームにひらめいたのが、前歯を使うとどうなのか、ということでした。

この発想から、奥歯だけで物を噛むときと、前歯も使って噛むときの、脳への血流量の違いを調べたのだそうです。

その結果として、奥歯だけでなく前歯も使ったときの方が、明らかに脳の血流がアップすることを確認できたというのです。

長いままのポッキーと
カットしたポッキーで実証実験

この研究を行ったのは江崎グリコの研究チームですから、実験ではチョコレート付きスティック菓子としてお馴染みのポッキーチョコレート を使っています。

もともとの長いままのポッキーを食べるグループと、短くカットしたポッキーを食べるグループとに分け、それぞれの脳血流量の変化を測定し、比較しています。

長いポッキーは、口に入れてすぐに前歯で噛み切ります。
次いで奥歯で細かく噛み砕いてから飲み込むことになります。

一方のすでに短くカットしてあるポッキーは、噛み切る必要がありませんから、一口目から奥歯で噛むことになり、前歯は使いません。

違いは、物を食べるときに前歯を使うかどうかです。

得られた結果から、ポッキーに限らず「前歯を使って噛み切る」比率が高い食品ほど、脳、とりわけ前頭前野*の血流がアップすることが実証された、と研究チームは結論づけています。

*前頭前野とは、脳の前頭葉の大部分を占め、「考える」「記憶する」「感情をコントロールする」など、人間が人間らしくあるために最も必要な部分で、脳の最高中枢と考えられている。
この部分の働きが衰えると、物忘れや意欲の低下が顕著になったり、考えることができにくくなり、キレやすくなったりする。

ポッキーに替えぬれ焼き煎餅を
減塩柿の種や野菜スティックも

あるとき高齢者、それも75歳を過ぎていて後期高齢者と呼ばれる方たちが数人いる席で、この前歯を使う話をしたことがあります。

そのなかのお1人から、
「我々の世代にチョコレートのポッキーは馴染まない。前歯を使って食べる菓子と言ったら、ぬれ焼き煎餅あたりになるかなぁ―」
と言われてしまいました。

これを聞いて、高血圧で減塩生活をしている方にぬれ焼き煎餅はどうなんだろうと心配になり、家に戻って調べてみました。

すると、先に紹介した日本高血圧学会減塩委員会による「JSH減塩食品リスト」のなかに、ぬれ焼き煎餅ではありませんが、30%減塩してある減塩亀田の柿の種 を見つけました。
柿の種なら、前歯を使いますよね。

探せばあるものです。
お菓子類だけでなく、にんじんやきゅうり、大根などの野菜スティックも、口に入れてまず前歯で噛み切ってから奥歯で噛み砕きます。

幼い子どもにも集中力を高める効果が

かかりつけの歯科医にこの話をしたところ、小さなお子さんの歯並びをよくすると同時に、脳の前頭前野の血流アップにより集中力が高まるからと、茹でたままのトウモロコシやリンゴのまるかじりをよくすすめる、と話してくれました。

大事なことは、意識して前歯を使うことです。
ただ、歯が健康でないと、前歯で物を噛み切ることは難しくなります。
歯の健康維持もお忘れなく。

なお、紹介した研究内容は、論文として見ることもできます(コチラ)。