玉ねぎの「血液サラサラ」効果と硫化アリルの話

ネギ

ラッキョウにも玉ねぎにも
硫化アリルの効能が

循環器内科の医師を取材した後の雑談で、
「あなたはカレーライスの付け合わせに福神漬けとラッキョウのどちらを選びますか」
と、いきなり尋ねられたことがあります。

ラッキョウの、あの独特なニオイが苦手な私は、
「もちろん福神漬けです」と即答しました。

これに医師は、ちょっと苦笑しながら、
「女性は圧倒的に福神漬けを選びますがねぇ……」
と言いながら、こんな話をしてくれました。

ラッキョウには、胃液など消化液の分泌を促して胃を保護しつつ消化・吸収を助ける「硫化(りゅうか)アリル」という成分(化学物質)が含まれている。
だから、刺激の強いカレーのお供には福神漬けよりラッキョウの方が、胃のためには断然いいのだと――。

この硫化アリルには「血液サラサラ」効果もあり、コレステロール値が高めの患者さんに、動脈硬化や血栓予防の食事療法の一環としてすすめることがよくあるのだそうです。

ということで、今回はこの硫化アリルを含む主な食材と、その効能についてポイントをまとめてみたいと思います。

硫化アリルの効能は
強い辛みと独特のニオイに

硫化アリルは、ラッキョウの仲間であるニンニクや玉ねぎ、ネギ、ニラ、ワサビといった、ユリ科の植物(野菜)に含まれる有機成分です。

いずれも、鼻を突くような刺激臭がして、口に入れると強い辛みを感じるのが特徴です。

これは、切ったり、つぶしたりして細胞が壊れることにより、揮発化した硫化アリルが鼻や舌の粘膜を刺激するからだそうです。

玉ねぎをスライスしたりすると目がショボショボしてきて涙が出てくることを、多くの方が経験していると思います。

これも揮発した硫化アリルが目の粘膜を刺激する催涙効果によるものです。

ラッキョウに消化・吸収を促進する効能があることはあまり知られていませんが、玉ねぎに血液凝固(血液が固まること)を抑制する「血液サラサラ」効果があることは、テレビの健康番組などでもよく取り上げていますから、ご存知の方も多いと思います。

ただ、その正体が硫化アリルと呼ばれる成分であることはご存知ない方が多いだろうと思います。
この硫化アリルには、以下のような効能(作用)が期待できるとされています。

⑴ 「血液サラサラ」効果により動脈硬化を予防する
⑵ 消化液の分泌を助けて食欲増進を図り、かつ消化・吸収を促進する
⑶ 疲労回復や神経の鎮静化に必須のビタミンB1の吸収率を高めて活性化を促す
⑷ 末梢の血行を改善して冷え性の改善や体を温めて風邪症状を緩和させる

「血液サラサラ」効果は
生で水にさらさずに

硫化アリルは加熱すると甘み成分に代わってしまい、辛みの効果が薄れるため、できるだけ生で食べるのがいいようです。

ただ、硫化アリルには水溶性、つまり水に溶けやすいという性質があります。

そのため、たとえば玉ねぎをサラダなどに添えて生で食べるような場合、その辛みを和らげて食べやすくしようと、スライスしたあと水に長くさらしておく方は多いと思います。

しかしこれでは、せっかくの硫化アリルが溶け出してしまい、「血液サラサラ」効果が半減してしまいます。

玉ねぎの「血液サラサラ」効果を十分に得たいと思うなら、スライスしたらそのまま、あるいは軽く水にさらす程度で食べるのがより効果的なようです。

また、ニンニクや長ネギなども、すったり、刻んだりしたら、そのまま長時間放置せずに、すぐに使った方が硫化アリル本来の効能が生きるようです。

ビタミンB1は硫化アリルと一緒に

また、効能の⑶にあるように、ビタミンB1は、倦怠感(だるさ)や疲労の回復、食欲不振の改善、イライラの鎮静化などに欠かせない栄養素です。

このビタミンB1は、そのままでは吸収されにくいのですが、硫化アリルと結びつくと体内での吸収率がアップして本来の効能を発揮することがわかっています。

たとえばビタミンB1が豊富な豚肉とニラの炒め物などは、硫化アリルの効能が生きる代表的なレシピと言っていいでしょう。

硫化アリルもポリフェノールも
ファイトケミカルの仲間

ところで、「ファイトケミカル」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

ファイトケミカル(phytochemical)とは、植物に含まれる化学物質のことです。

植物が、紫外線や昆虫などの外敵から身を守るために作り出している、独特なニオイや強い辛味、強烈な色、ネバネバなどの成分のことを言います。

ファイトケミカルは、植物性の食品にも

今回取り上げた硫化アリルもファイトケミカルの一つですが、特に注目されているのは、
ブルーベリーに多く含まれ、目の健康にいいことで知られる「アントシアニン」、
血行を促進して冷えを改善するとされる、生姜に含まれる「ショーガオール」
等のポリフェノールです。

チョコレートの原料でもあるカカオ豆に多く含まれる「カカオポリフェノール」には、高血圧の改善や動脈硬化の予防効果が期待できることはご承知のことと思います。

なお、玉ねぎやラッキョウの硫化アリルにしてもポリフェノールにしても、「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」ですから、摂り過ぎないようにご注意のほどを。