水銀血圧計をこの先も使い続けたいという方へ

聴診器

水銀血圧計は年内で
製造・販売禁止です

わが国には高血圧患者がおよそ4300万人いると推定されています。

ただし、実際に医療機関を受診して高血圧の診断を受け、食事や降圧薬などによる治療を続けている方となると、その57%、約2450万人にとどまっているそうですが……。

いずれにしても、かかりつけ医の指示で、あるいは血圧を気にして自主的に、自宅で毎日血圧を測定している方はかなりの数にのぼるものと思われます。

この家庭血圧測定には、水銀柱に直接目盛りがついている水銀血圧計を使用している方が少なくないのではないでしょうか。

ところがこの水銀血圧計は、「水銀汚染防止法」により、その製造・販売、輸入が今年いっぱい、つまり2020(令和2)年12月末で、全面的に禁止となることは先にお伝えしました。
→ 家庭血圧測定に水銀血圧計を使っている方へ

手元にある水銀血圧計の継続使用はOK

ただし、製造や販売は全面的にストップされるのですが、現在使用している水銀血圧計は、今までどおり使い続けることができます。

そのため、「新しいのに買い替えるのはまだ早いから」とか「使い慣れているから」と、この先も手元にある水銀血圧計を継続して使いたいという方が少なくないようです。

そう考えている方に、水銀血圧計の継続使用について注意していただきたいことを、改めてまとめてみたいと思います。

製造・販売禁止後も
水銀血圧計を破棄する必要はない

現在までに市販されてきた水銀血圧計は、正しい方法で使用し、保存管理もきちんとしていれば、水銀自体の問題は別として、温度や湿度など環境の影響を受ける心配もなく、比較的高精度の血圧測定が可能とされています。

したがって日本高血圧学会は、2021年以降も、
「現在使用している水銀血圧計を、直ちに破棄したり交換したりする必要はない」
としています。

とはいえ、耐久性の問題は残ります。

同じ水銀血圧計を使い続けているうちには、水銀の蒸発や不純物の混入、カフ(腕帯:マンシェット)のような部品の劣化といった、いわゆる金属疲労が起きてくる可能性があるのです。

測定値のわずかな誤差も治療方針に影響する

その結果、血圧の測定値に誤差が生じるリスクが高く、仮にその誤差が5~6㎜Hg程度のわずかな違いでも、医師の診断や治療方針の決定に影響を及ぼす可能性が否定できません。

特に、注意したいのが、「仮面高血圧」とか「隠れ高血圧」と呼ばれる高血圧の一種で、起床に合わせるように血圧が急上昇する「早朝高血圧」のケースです。

このタイプの高血圧は診察室では気づくのがなかなか難しく、そのまま放置していると心筋梗塞や脳卒中といった深刻な脳心血管疾患につながるリスクが高いことから、早期発見・診断には、家庭血圧測定による測定データが重要な意味を持つとされています。

このようなケースでは、深刻な事態に陥るのを防げるかどうかは、家庭血圧測定が正確に行われているか否かにかかっていると言っても言い過ぎではないということです。

水銀血圧計の継続使用には
定期的メンテナンスが不可欠

こうした点を重視して、日本高血圧学会は、家庭血圧測定に水銀血圧計をこの先も継続して使用する場合は、定期的なメンテナンスを行うことを推奨しています。

このメンテナンスについては、国内で販売された水銀血圧計であれば、その製造・販売に携わっている企業が、自社製品の各機器やカフの耐用年数などから割り出したメンテナンスの時期を、購入時に渡される保証書や使用方法説明書などに明記しているはずです。

ところが、水銀血圧計の製造・販売や輸出入が禁止となる来年(2021年)からは、このメンテナンスを受けることが今以上に困難になることが懸念されます。

血圧は水銀血圧計の点検をしてから測定を

そこで対策ですが、水銀血圧計で血圧を測定する際には、以下の点を必ず点検して、血圧計に異常がないことを確認してから測定することをおすすめします。

  1. 水銀が漏れていないか、水銀柱が切れていないか
    (水銀柱に空気が混入すると切れ目ができる)
  2. ゴム管の連結部位からの空気の漏れはないか
  3. 送気球から送気、排気ができるか
  4. 水銀血圧計を垂直に置いて圧力を加えないときは指針がゼロ位に戻っているか

この点検で一点でも異常や異変に気づいたら、決してそのままにせず、まずはかかりつけ医にその旨相談するようにしてください。

その際、使用している血圧計を持参して、かかりつけ医に精度チェックをしてもらうのも一法です。
そのうえで、このまま使用し続けてOKか、買い替えが必要かを判断してもらえばなお安心です。

測定位置は手首ではなく上腕で

なお、水銀血圧計に代わる血圧計として日本高血圧学会は、医療機関で使用している上腕式電子血圧計、つまり手首ではなく上腕にカフを巻くタイプの血圧計をすすめています。

このタイプの血圧計も、消耗品の劣化や故障、電池切れ等により測定精度が落ちる可能性がありますから、必ず定期的なメンテナンスを行うようにしてください。

日本高血圧学会は、家庭血圧測定の重要性とその正しい測定法のポイントを、「家庭で血圧を測定しましょう」のペーパーにまとめ、Webサイトで公表しています*¹。
是非ダウンロードして、家庭血圧測定の参考にしてみてください。

なお、降圧治療を始めた方が目標とすべき最新の血圧の値、いわゆる「降圧目標値」については、こちらの記事を参照してください。
→ 高血圧の降圧目標値がより厳しくなりました

参考資料*¹:日本高血圧学会「家庭で血圧を測定しましょう」