心臓が止まったときの心肺蘇生はどうしますか

ステート

心臓の拍動も呼吸も
停止した状態を想定してみる

いい視聴率がとれるからでしょうか。
最近の民放テレビは、ほぼ定期的に救急医療のドキュメンタリー番組を放映しています。

そこに必ず出てくるのが、救急車で搬送されてきた患者が「心肺停止(しんぱいていし)」の状態になり、救急医ら医療スタッフが、文字どおり懸命に「心肺蘇生(しんぱいそせい)」を行っている場面ではないでしょうか。

「ああ、あのシーンね」と思い出される方も少なくないでしょう。

「心肺停止」とは、この文字に見るとおり心臓の拍動も呼吸も止まった状態を言います。
このとき行われるのが「心肺蘇生」です。

具体的には、心臓マッサージと併行して人工呼吸も行い、さらに心臓の拍動の再開を促す薬剤を注射します。必要があれば、心臓マッサージに合わせて電気ショック(「カウンターショック」とも呼んでいる)も行われます。

「心臓マッサージ」を行って
心臓の拍動を再開させる

心臓マッサージは、動きを止めてしまった心臓に代わり外からの圧力で心臓を動かし、全身のすみずみまで血液を送り届けます。結果として、臓器が酸素不足で機能低下の状態に陥るのを防ごうという救命法です。

具体的には、胸の真ん中の、ちょうど胸骨のあたりを手のひらのつけ根部分を重ねて強く圧迫し、その圧力で心臓から血液を送り出すと同時に、止まっていた拍動を再開させることを目的に行われます。

拍動を再開させて心臓を蘇らせるには、心臓マッサージをする人の全体重をかけて、肋骨(ろっこつ)が折れるくらい強く圧迫する必要があります。

その圧迫により、実際に肋骨が折れることもあり、蘇生された後の患者にかなりの苦痛を与えることになります。

そのため本人の意思を最優先に考え、少しでも救命の可能性があると判断される場合に限って行われますから、事前指示書にはしっかり意思表示しておきたい項目の一つです。

AEDによる電気ショックで
心臓の正常なリズムを取り戻す

心臓マッサージとセットで行われることの多い「電気ショック」は、心臓に電力を通して、心室細動を止め、不整脈を正常なリズムに回復させる方法をいいます。

心室細動とは、心臓がけいれんを起こして細かくふるえ、血液を全身に送り出すポンプ機能が失われた状態を言います。
このけいれんを、心臓をはさむようにして除細動器の電極を皮膚に貼りつけ、一瞬だけ大きく強い電流を通電し、その刺激により心室細動を止めて通常のリズムを取り戻す救命法です。

心室細動の多くは、心筋梗塞や心筋症などの心疾患が原因で起こります。

自分の病状からそのリスクの有無を事前に把握しておくことが大切ですが、いくら注意していても、普通に生活していて、たとえばショッピング中なとでも突然起こりえます。

このような緊急の場合に備え、一般の方でも使用できるように自動化された「AED(自動体外式除細動器)」が、公共交通機関や学校・保育施設、スポーツ関連施設、銀行などに設置されていることはご承知のことと思います。

心肺蘇生によって
救命された後のことを考えてみる

心肺停止が起きたときの心肺蘇生法としてもう1点、心臓の拍動の再開を促す薬(アドレナリン)を使用する場合があると書きました。

このアドレナリンについては、一定の研修を受けた救命救急士にも使用が許されているほど心肺蘇生の救命に有効とされています。
その一方で、病状によっては、アドレナリンを使ってもあまり効果を期待できない場合があることもわかっています。

いずれにしても心臓も呼吸も止まったときの心肺蘇生による救命率は、高齢であればあるほど、また病状が深刻であればあるほど、どうしても低くなります。

また、心肺蘇生によりいったん救命されても残された時間があまり長くなかったり、何らかの後遺症が残り、極端な例では植物状態で生き永らえることになる可能性も残ります。

このような点を理解したうえで、心肺蘇生に関する事前の意思を表明するにあたっては、アドバンス・ケア・プランニングのかたちで自分の病状を把握している担当医と一度は必ず話し合いの場を持つことをおすすめします。

そのうえで事前指示書には、心肺蘇生を「してほしい」「してほしくない」のいずれかを選択するかたちで表明するのではなく、「心臓マッサージだけはしてほしい」とか「電気ショックはしなくていい」というように具体的に表記しておくのがいいようです。
とりわけ心臓の拍動を促す薬剤の使用については、使用の可否をはっきり意思表示しておくことが、延命だけが目的の心肺蘇生を避けるうえで特に重要です。