終末期の医療をめぐり家族間で対立したら




書式に残す

医療に精通し第三者の立場で
家族間の対話を仲介する

長い間生きてきた人生の締めくくり方について、本人を中心に家族やかかりつけ医などと、十分な時間をかけて対話を重ねていくアドバンス・ケア・プランニング(ACP)――。
合意に至るまでのプロセスにおいて、常に「本人の希望」が最優先されるべきことは、改めていうまでもないでしょう。

ところが、家族間でいったんは合意が得られていても、実際にその場面に直面した途端、意見が対立するといった事態に陥ることが珍しくありません。
このようなとき、本人が自らの意思をはっきり家族に伝えることができれば、問題がこじれるようなことにはならないでしょう。

ところが、病状が急に悪化したり、認知症などにより、本人が自分自身で自分のことを決められない状態になったりすると、家族間の対立が深まり、にっちもさっちもいかなくなってしまうことにもなりかねません。

このようなとき、かかりつけ医など、患者や家族のことをよく見知ってくれている医療関係者の助言が役立つこともあるでしょう。
加えて最近は、医療事情に精通し、しかも全く第三者の立場から家族間の対話を仲介して、「本人にとってどうすることが最善なのか」を冷静に話し合う手助けをしてくれる医療スタッフがいることをご存知でしょうか。

最近病院に増えている
「患者アドボカシー相談室」

ここ数年、外来フロア―の一角に、あるいは受付窓口のすぐ近くに、「患者アドボカシー相談室」とか「アドボカシー室」といった窓口を設置する病院が増えています。
あなたのかかりつけの病院はどうでしょうか。

「アドボカシー(advocacy)」とは、福祉領域や法曹界の方でもないとあまり見聞きしない言葉で、いまひとつ馴染みにくところがありますが、日本語に直訳すれば「擁護」や「支持」、あるいは「代弁」ということになるでしょうか。

この「患者アドボカシー相談室」には、病院によって多少の違いはあるものの、多くの場合「医療メディエーター」と呼ばれる看護師などの医療スタッフが常駐していて、患者側からのさまざまな相談を受け付けています。

そこでは病院に関係することならなんでも気軽に相談することができます。
しかも、従来の「患者相談窓口」にありがちな、患者や家族からの病院や病院スタッフに対する意見や要望、ときに苦情を聞くだけでは終わらせないという点に新しさがあります。

患者から聞いたことをきちんと病院側、あるいは関係する医療スタッフに直接伝えてくれるのです。さらに話の内容によっては、双方がきちんと話し合うことができるよう話し合いの場を設け、そこに中立第三者の立場で医療メディエーターが参加して、お互いが納得できる話の着地点が見つけられるように仲介してくれるのです。

関係がこじれた医師との
仲立ちをしてもらえる

この医療メディエーターですが、そもそもは、患者側と医療者側との間に意見の食い違いやトラブルが起きた際に、それが裁判にまで発展しないよう、両者間でそのトラブルを解決するための対話を試みる橋渡し役として誕生したスタッフです。

中立的な立場で当事者間の対話を促して相互理解を深め、損なわれていた信頼関係を修復して、なんでも言い合えるとまではいかなくとも、聞きたいことを聞ける、言いたいことを言える関係にもっていけるように対話を仲介する役割を担っています。

ですから、たとえば「病気や治療法について説明を受けたけれど、専門用語が多くてよくわからなかった。でも、質問できる雰囲気になかったので改めて説明を受けたい」とか、「同じ薬をずっと飲んでいるがいっこうに効かないから薬を変えてほしいのだが、言い出しにくい」といったようなことも相談し、仲介してもらうことができます。

医師に関することだけでなく、病棟の担当看護師やリハビリテーションのスタッフ、あるいは栄養士などについても、聞けないでいることや言えないでいること、お願いしたいことなどがあれば、対話を仲立ちしてもらうこともできます。

終末期医療をめぐる
家族間の対立関係修復も

加えて、大学病院の「患者アドボカシー相談室」で医療メディエーターとして活動している看護師によれば、最近は、高齢者の終末期医療の場面における家族間の対立といった新たな問題が持ち込まれることが多くなったそうです。

つい先日も、「器械の力を借りてまで長生きしたくない」と、呼吸に異変が起きても人工呼吸器だけは装着してほしくないと事前指示書に書き記した父親の意思が、母親によってほごにされそうだと、40歳代の女性が相談に訪れたそうです。

聞けば母親は、少しでも長く生きていてほしいから人工呼吸器を使ってほしいと、担当医に頼んでしまった。これに娘さんが「父親の意思を無視するとはどういうことか」と怒り、母親と対立し、口もきかない関係になってしまったのだとか――。

そこで、病室に出かけて行き、母親と娘さんに思いのたけを語り合ってもらったそうです。
そのなかで、長年連れ添ってきた夫との別れが差し迫っていることに動揺した母親が、事前指示書の存在を忘れてしまっていたこと、娘さんも父親の死が近いことを知って冷静さを失い、母親のつらい気持ちへの配慮が欠けていたことに気づくに至り、ようやくいつもの関係性を取り戻すことができたのだそうです。

「医療者との間で、あるいは家族間で気まずい関係になり対話が途絶えるようなことがあったら、関係がこじれる前に、是非遠慮なく、第三者の立場にある医療メディエーターに橋渡し役を託してみていただきたい」と彼女は話しています。
なお、医師とのコミュニケーションでお悩みの方は、コチラも読んでみてください。

自分の病状や予後の見通しを知るには、医師とのコミュニケーションが不可欠ですが、とかくズレが生じがちです。わかり合うためには「すぐにその場で質問をしてほしい」と医師。同時に、患者と医師のパイプ役を託せる看護師を活用するのも一法です。