深い悩みを相談できる「カフェ・デ・モンク」

祈る

宗教者が悩みに耳を傾けてくれる
「カフェ・デ・モンク」

うっ積している悩み事や文句を思いっきり人に話せたらどんなにスッキリするだろう――。
そう感じることは日常的によくあります。
そこで、友だちと小一時間おしゃべりをして思いのたけを吐き出したら気が晴れた、といった程度の悩みだったらまだ救われます。

しかし、自らの死が近いことを察知したとか、死に向き合っている家族を日々介護している、あるいは最愛の家族や友人、知人と永遠の別れをした、等々……。
このようなときに多くの人が経験する、こころの奥深いところに生じる悲しみや苦しみは、そう簡単に口にはできないし、話すにしても相手は誰でもいいというわけにはいきません。

そこで立ち上がったのが、生きることの意味とか死への恐怖といったこころの深い部分の痛みにも、きちんと向き合う修練を積んだ「臨床宗教師」と呼ばれる方たちです。

彼らは「カフェ・デ・モンク」という移動式の喫茶店を運営しながら、「私が話し相手になりますから、あなたの悲しみや苦しみを聴かせてください。一緒に考えて、少しでも気持ちを楽にしましょう」と、深い苦悩を抱える人たちに寄り添う活動を続けています。

「カフェ・デ・モンク」は
宗教色がないのが安心

この移動式喫茶店「カフェ・デ・モンク」の「モンク」は英語の「monk」で、「修道士」とか「修道僧」を意味します。
仏教で言えば「僧侶」、俗に言う「お坊さん」です。

同時に、「モンク」に漢字を当てはめると「文句」や「悶苦(もんく)」になります。
これらを組み合わせてひとひねりし、「坊さんを相手に文句を言って一息つき、一緒に悶苦、つまりもだえ苦しんで答えを探しましょう」というのが、この喫茶店のねらいとするところだそうです。

活動に参加しているのは、臨床宗教師を中心とする真言宗や浄土真宗など各宗派のお坊さんです。ときに牧師さんや神父さん、あるいは神主さんなど、さまざまな宗教者が参加して、それぞれの特徴を生かして相談にのってくれることもあります。

「カフェ・デ・モンク」での活動は、宗教の枠を超えていますから、そこを訪れるのに宗教的なこだわりはいっさい無用です。
また、宗教と聞いて「勧誘されるのでは」と敬遠する方がいるかもしれません。
その点、「カフェ・デ・モンク」では布教活動を行わないことを前提にしていますから、そのような心配もなく、安心して悲しみや苦しみを聴き取ってもらうことができます。

「カフェ・デ・モンク」の
始まりは東日本大震災だった

臨床宗教師をはじめとする宗教者の方たちがこの活動を始めたきっかけは、2011(平成23)年3月に起きた東日本大震災でした。
地震そのものに加え、あの大津波によって亡くなった方はかなりの数にのぼりました。
同時に、その2倍、3倍もの人びとが、大切な家族や友人、知人を亡くし、あるいは被災して家も何もかも失っています。

そんな被災者たちが嘆き苦しむ姿を、そばにいて直接目にし耳にした一人の僧侶が、その悲しみや苦しみに寄り添うことで、被災者たちのこころを少しでも癒すことができればと動き出したのが、この「カフェ・デ・モンク」の始まりだと聞いています。

東日本大震災の後にも熊本や北海道などで大地震が発生しています。
「カフェ・デ・モンク」は、その都度それぞれの被災地に移動し、その場で被災者たちのこころを癒す活動を展開してきました。

全国各地で、ときに病院でも
「カフェ・デ・モンク」を開設

最近ではその活動の幅を大きく広げ、地震のような災害の有る無しに関係なく、全国いたるところで定期的に「カフェ・デ・モンク」を開設し、さまざまな悩みを抱える人びとから求められるままに、その深いこころの苦悩に耳を傾け続けています。

なかには、がんセンターなどの病院に出かけていき、病棟のラウンジなどで、死期の迫っている患者やその家族、あるいはがんの転移やがん末期を告げられて打ち沈む患者たちのこころに寄り添う取り組みを行っている「カフェ・デ・モンク」もあります。

病棟のラウンジまで出向けない患者のために直接病室を訪ねたり、ときには在宅療養中の自宅を訪問して、患者の枕もとで、死への恐怖や苦しみながら生き続けることへの疑問など、スピリチュアルな苦悩にじっくり耳を傾けることもあると聞きます。

「カフェ・デ・モンク」に行ってみたい、あるいはそこで活動している宗教者に相談したい、悩みを聴いてもらいたいという方は、日本臨床宗教師会のホームページにある「リンク・各地臨床宗教師会等」から最寄りの臨床宗教師会にアクセスし、「カフェ・デ・モンク」が開かれる日時や場所など、詳細を直接お尋ねください。