「もしバナゲーム」で最期に何が大切か話し合う




遊ぶ猫

もしもの場合を想定して
「もしバナゲーム」で気軽に話し合う

病気や突然の事故などで危篤状態になったとき、判断力が低下していたり、意識が薄れていたりして、自ら意思表示ができないことは、往々にしてあり得ます。

そうなったときに備え、どのような医療やケアを受けて人生を締めくくりたいかを考えて自分の意思を固め、その意思を事前指示書に記しておくだけでは、不十分であるということをこれまで書いてきました。

もしものときに事前の意思がそのまま生かされるためには、事前指示書を自分で作って終わりにするのではなく、家族や医師ら医療スタッフにもその意思を伝え、一緒に考え、話し合い、合意を取りつけておくプロセスが必要となります。

いわゆる「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」です。厚生労働省は11月30日(2018年)、この愛称を「人生会議」とすることを公表しています。

このアドバンス・ケア・プランニングにおいて、家族や医師ら医療スタッフを相手に、「最期のときは自分はこれだけは大切にしたい」、あるいは逆に「これだけは絶対にしたくない」と本心を打ち明け、理解してもらうのは、簡単なことではありません。

なにしろことは、タブーとされがちな「死」について語ることなのですから。

そこで、家族や医師ら医療スタッフと、自分の最期のときの治療やケアについて気軽に話し合うきっかけになればと、緩和ケアや地域・在宅医療に取り組む現役の医師らがカードゲームを開発しています。
名付けて「もしものための話し合い もしバナゲーム」です。

余命半年となったときを想定し、
残された時間の過ごし方を考える

「もしバナゲーム」を制作したのは、千葉県にある亀田総合病院の蔵本浩一医師(疼痛・緩和科医長)と原澤慶太郎医師(在宅診療科医長)のお二人です。

もともと米国で、終末期医療における医師と患者のコミュニケーションを円滑にするツールとして生まれた「GO WISH」と呼ばれるカードを、忠実に日本語に翻訳し、そこに独自のルールを加えて日本版としたものです。

独自のルールとは、「余命半年となった自分の人生の終末期を想定して、残された時間をどう過ごすのか、そのとき大切にしたい人やものは何かを考え、その価値観に近いカードを集める」というものです。

「もしバナゲーム」の制作者は、4人が一組になってプレーすることを推奨しています。
まずはそれぞれが順番に、自分が大切にしたい価値観に近い事柄が書かれているカードを取っていくことから、ゲームをスタートします。

全員がカードを集め終わったら、それぞれが選んだカードに基づいて自分の考えを、一緒にプレーしている人に説明するという流れで、ゲームを進めることになります。

日本版に独自のこのルールは、ゲームをしながら何気なく交わす会話や話し合いを通して、それぞれに大切にしたい価値観があることを知ったり、自分が大切に思っていることを再認識するきっかけになることを意図して付け加えられたのだそうです。

「もしバナゲーム」をプレーして
死を前提にした生き方を考える

「もしバナゲーム」の実際ですが、4人でプレーするとして、まず各プレーヤーに手札として5枚ずつカードを配ります。このとき自分が持っているカードに書いてある言葉が他のプレーヤーに見えないようにします。

カードを配り終えたら、場のセンターに場札として5枚のカードを、書いてある言葉が見えるように表向きに並べます。
残りのカードは積札として、5枚並んでいる場札のセンターに、言葉が見えないように裏向きにして積んでおきます。

そのうえでプレーヤーは、自分の手札のなかから不要なカード、つまり自分の価値観とは異なる、あるいはあまり大切とは思わないことが書かれているカードを1枚捨て、代わりに並んでいる場札のなかから自分の価値観に近いことが書かれているカードを1枚選んで、新たな手札にしていく――。

このような方法でプレーを続けていくなかで、たとえば場札のなかにある「痛みがない」と書かれたカードを拾いながら、「やっぱり痛みだけはできるだけとってほしいですよね」と話す人がいるとします。

これを受けて、「いやー、私の場合は、痛み以上に、呼吸が苦しいのだけは勘弁願いたい」とつぶやきながら、「呼吸が苦しくない」と書かれたカードを拾う人がいたりするわけです。

さらには、そのやり取りを聞いて「私としては、呼吸が多少苦しくても、呼吸器につながれた状態で延々と生かされるのだけはごめんですなぁ」と言いながら、5枚ある場札のなかから「機器*につながれていない」と書かれたカードを拾う人もいるでしょう。
 *ここでいう「機器」とは、人工呼吸器や人工栄養チューブ、点滴、心電図モニターなどを指します。

このようなプレーを進めていくなかで、自分が常日頃大切にしている価値観を再認識し、同時に他のプレーヤーの価値観についても理解を深めていく――。

こうしたやりとりを重ねていくなかで、逝き方だけでなく、死を前提にした生き方をより具体的に考えるきっかけになるというのが、このゲームの狙いどころのようです。
まずは一度、ゲームをしてみてはいかがでしょうか。

「もしバナゲーム」はネットで購入できます