「胃ろう」による栄養補給をすすめられたら




モバイル

栄養状態がよくないからと、
胃瘻をすすめられる

自宅で80歳を過ぎた母親を介護している友人から、「お世話になっているケアマネジャーさんから胃瘻(いろう)をすすめられて迷っている」という相談を受けたことがあります。

ケアマネジャーとは、正確には「介護支援専門員」のこと。
公的介護保険制度に精通していて、受けたい介護サービスのケアプランを立てたり、介護を受ける本人や家族と介護スタッフ、場合によっては医療スタッフとの間をとりもったりと、公的介護保険サービスの利用には欠かせないスペシャリストと言っていいでしょう。

友人の母親は、日に日に食べる量が減ってきてはいるものの、本人の希望もあり、なんとか頑張って口から摂るようにしているとのこと。
ところがこのところ、食事中にむせて咳き込むことが多くなってきた――。

この状態を心配した担当のケアマネジャーから、こんな提案があったそうです。
「このままでは誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が心配です。それと、食事の量も少なくて栄養状態があまりよくないから、この際、胃瘻を通じて栄養を補う方法に切り替えたらどうでしょうか。胃瘻にすれば栄養状態もよくなるし、誤嚥性肺炎の心配もなくなりますよ」

胃瘻を作って、
胃に直接流動食を送り込む

「胃瘻」とは、文字どおり胃と、胃の部分の腹壁に瘻孔(ろうこう)、つまり穴を開けて「カテーテル」と呼ばれるチューブを通しておき、そのチューブを介して、胃に直接流動食などを送り込む栄養法です。

この栄養補給法を選択するには、消化管(胃と腸、とくに腸)が正常に機能していて、チューブを介して流動食などを送り込んでも、消化管のどこかで詰まったりする心配がなく、安全であることが前提となります。

加えて、事前に胃瘻を作る手術が必要です。
手術と言っても、内視鏡(胃カメラ)を使って行われますから、開腹する必要はありません。

麻酔も全身麻酔ではなく、局所麻酔で行われますから安全で、おおむね10分から15分ですむ簡単な手術です。

ちなみに、胃瘻を作ることを医療スタッフは、「胃瘻造設(ぞうせつ)」と呼んだりします。
いったん胃瘻を造設すると、胃瘻のチューブを定期的に交換する*必要がありますが、これによって長期にわたり安定した栄養補給を続けることができます。

 *胃瘻チューブには、長いもの、短いもの、先端が風船(バルーン)状になっているものなど数種類あり、チューブを交換する頻度は、使用するチューブの種類により異なりますが、一般に3~6カ月です。

胃瘻による栄養法を開始すると、
延々と生かされ続ける懸念も

胃瘻による栄養補給には、同じ人工栄養である鼻からチューブを入れて栄養を補給する方法に比べると、「チューブが抜けてしまう心配がない」「チューブ交換をする際に本人にかかる負担が少ない」などのメリットがあります。

なによりも、胃瘻のチューブは服に隠れますから、見た目にも、もちろん本人も「クダにつながれている」という印象が薄まり、顔の表情も苦痛なく普段どおりの状態が保てることが、特に女性に選択される理由でもあるようです。

また、誤嚥性肺炎のリスクについても、注入した流動食などが逆流して誤嚥することがありますから、ケアマネジャーさんが言うように「なくなる」とは言いきれないものの、リスクが大幅に低くなるのもメリットの一つです。

ただ、いったん胃瘻による栄養補給を始めると、かりに意識がはっきりしないような状態になっても、本人の意思に関係なく、延々と栄養が補給されて生かされ続けることへの懸念は残ります。
この点を心配して、胃瘻による栄養補給を「望まない」という選択をする人も、最近では少なくないようです。

終末期になり口から食べられなくなると、胃ろうや鼻チューブ、点滴による人工的栄養に切り替えることになりがちです。しかし、その方法で栄養を補給しても回復の見込みがないときは、「自然にゆだねる」選択もあります。今回はその話を書いてみました。

こうした声を受け、日本老年医学会は、2012(平成24)年に公表した高齢者の終末期における栄養補給に関するガイドラインのなかで、胃瘻などによる人工栄養を開始したあとでも、いのちを長引かせるだけの状態になった場合は、本人を含む関係者との話し合いにより栄養補給を中止できるとしています。

ただ、中止するには、当然のことながら、いくつか厳しい条件をクリアする必要があります。
これが実はかなり厄介なものなので、機会を改めて書いてみたいと思います。

それと、冒頭で紹介した友人の母親の件ですが、かかりつけ医のすすめと、母親の「それで元気になり、少しでも娘や孫たちとの時間を持てるのであれば」との意向もあり、胃瘻による栄養法を受けてみることに決めています。
このことの経緯も、追って紹介する予定です。