人生会議(ACP)は脱水と点滴の話で始まった




シワのある手

人生会議(ACP)は
気軽に話せる身近な話題から

「もしものときのこと」を患者と家族、そして医師ら医療や介護の関係者と話し合うアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の試みが、徐々にですが広がりつつあるようです。
厚生労働省が「人生会議」という愛称をつけた、あの取り組みです。

この愛称の名付け親である現役看護師の須藤麻友さんは、「人生会議」という愛称に込めた思いを、こんなふうに語っていました。
「食卓の場で気軽に話題にできるくらいアドバンス・ケア・プランニングが身近になり、広く浸透していってほしい」と――。

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の普及を願い、厚労省はその愛称を「人生会議」に決めました。1人でも多くの人が納得して最期を迎えるためにも、自らの死について気軽に語り合えるようになればとの思いが、この愛称に込められているとか。

「食卓の場で気軽に……」という須藤看護師の気持ちはわからないでもないのですが、自分の死に際の話を日常会話のなかで家族と話し合うというのは、実際のところそう簡単にできることではないだろうな、とは思っていました。

ところが、懇意にしていただいている開業医の先生から、「なるほど、こういった身近な話から始めれば、無理なく自分の終末期のことを話題にできるかもしれない」と、いたく感心させられる話を伺いましたので、今日はその話を紹介しようと思います。

娘が父親の脱水を心配したのが
人生会議(ACP)のきっかけに

ちょうど10連休に入る前のある日のこと――。
脳卒中の後遺症による軽い片麻痺で自宅療養中のM氏宅を訪問すると、いつもは奥さんと二人なのに、珍しく娘さん夫婦がお孫さんを連れて訪れていたのだそうです。

「明日になると車が渋滞して大変だから、1日前倒しで休暇をとって来ました」
「ああ、それは賢明ですね」
などとたわいもない話をしばらく交わし、一息ついたところで娘さんが、遠慮がちにこんな質問をしてきたのです。

「これから夏に向かうと、熱中症のことが心配になってきます。母の話では、父は夜中にトイレに起きることを気にしてか、自分からは水分をあまり摂りたがらないようです。脱水にならないように、夏の時期だけでも点滴をしていただくわけにはいきませんか」

これを受けて、「ご本人はどうでしょう。点滴を望まれますか」とM氏に尋ねたところ、
「いやあ、ようやく自宅に戻ることができていろんな治療から解放されたところなのに、また点滴に縛られるなんてご免です」
と、即座に拒否する答えが返ってきたとのこと。

ところがこれに娘さんが、
「えっ、点滴がいやだって、脱水になってもいいの?」
と、少しきつい言葉で返してしまったのですが、実はこのやりとりをきっかけにして「もしものときにどうしてほしいのか」という話へと発展していったようです。

少々シワが目立つ方が歳相応と
父親は点滴を受けたがらない

「脱水になったらシワシワになってしまうだけじゃないのよ。からだの代謝がうまくいかなくなるから、意識を失ったりいのちに危険が及ぶことだってあると聞いているわよ。ホラ、熱中症で倒れて救急車で病院に運ばれても亡くなる方って、脱水症が原因でしょ」

娘さんは、なんとしても父親に点滴を受けてもらいたいようで、説得に必死です。
対してM氏はと言えば、
「もう父さんは85を過ぎているんだよ。入院中に、終日点滴につながれている患者さんを何人も見てきたが、水分が多すぎるのか、顔や手足がむくんでいる人が多かった。むくみでぶよぶよになるより、少々シワが目立つくらいのほうが歳相応ってもんだろう?」
と、むしろ娘さんをなだめるように話したと言います。

二人のやりとりを黙って聞いていた奥さんが、
「心配しなくて大丈夫よ。スープとか、お茶とか、果物も多めに用意して、水分を摂ってもらうようにするから。なるべく午前中に摂るようにすれば、夜中にトイレに起きることもないでしょうからお父さんだって安心でしょ」
と、娘さんを諭すように話したことで、話はひとまず終わったと思ったそうですが……。

自然のまま逝きたいと
こころづもりを語り始めた父親

少しの間をおいて、娘さんが意を決したような表情でこう切り出したのだそうです。
「私って一人っ子だから、お父さんが元気なうちに聞いておこうとずっと思っていたの。今日はちょうどお世話になっている先生もいらっしゃるから思い切って聞くけど、今の話から察するに、お父さんは、自分が万が一のときは、延命治療といわれるようなことはいっさいしないで、自然のまま静かに逝きたいということかしら」

「そうだね。延命のための治療をやりだしたらキリがないって聞くからね。退院してきてすぐに母さんとも話したんだが、自然死とか、平穏死って言われてる逝き方ができたらと、自分としては考えているんだよ。父さんの部屋の本棚に、先生にすすめられて読んだ平穏死について書かれた本があるから、おまえも読んでみてごらん……」

この段階では、娘さんはまだ本心からは納得できてはいないようです。
しかし「ひとまず難問はクリアした」と開業医。続けてこう語っています。
「どんなことにも言えることですが、希望は、口にして相手に伝えないことには実現しませんからね。事前指示とか、人生会議といわれていることは、こんなふうに、ちょっとしたことをきっかけにして、もしものときにこうしたいという自分なりのこころづもりを家族に伝えることから始めたらいいと思っているんですよ」

なお、M氏が娘さんにすすめた本は、「無理にいのちを延ばさずに、自然にまかせてできるだけ穏やかに人生を終わりたいと思っているのですが……」とM氏から相談を受けた際に、「急いで決めなくて結構ですから、こんな本でも読んでみたらいかがですか」とすすめた石飛幸三医師著のこちらの一冊だそうです。