緩和ケアとしての「セデーション」と「安楽死」




一杯のレモンティーで安らぐ

安楽死が容認されているかと
誤解を招いたドラマのシーン

『やすらぎの郷』というテレビドラマにまつわる先日の話の続きです。
「尊厳死」と「安楽死」は明らかに別のもの

友人の訪問看護師さんを悩ませたのは、登場人物の一人、芸能界のドンと呼ばれてきた男性が亡くなっていくシーンでした。
このシーンを見た在宅療養中の末期がんの男性から、「あのドンのように安楽死させてほしい」と懇願され、どう答えたらいいものか困り果ててしまった、というのです。

多くの看護師が懸念したこと

実はこのドラマは、
「患者さんとして接しているだけではなかなか見えてこない高齢の方の意外な側面を知ることができて、患者理解が深まり、日々の看護に役立つから」
などの理由で、結構多くの看護師さんが視聴していました。

放映は日中でした。
その時間帯は、看護師さんの多くが勤務中ということもあり、録画しておいて、勤務を終えてから見ていると話してくれる看護師さんが少なからずいて、「なんと仕事熱心な」と感心させられたものです。

あのシーンを視聴した看護師さんの数人からも、「あれではドラマを見ている一般の方に、私たちの国でも安楽死が容認されているような誤解を与えてしまうのではないかしら」と、懸念する声が上がっていました。

この国では安楽死はあり得ないから、
緩和ケアとしてのセデーションでは?

この懸念が現実のものになってしまい、対応に苦慮した訪問看護師さんは、担当の訪問医にことの経緯を説明して、患者さんにどう説明したらいいものか相談しました。

あいにく担当医は、『やすらぎの郷』を見ていませんでした。
そこで、彼女の勤務先である訪問看護ステーションに出向いてもらい、録画してあったドンの最後のシーンがある第122話を見てもらったそうです。

なんと、彼女たちは、訪問看護という仕事に関係がありそうな番組はできるだけ録画しておき、仲間内での勉強会の教材にしているとのこと。
これまた、「さすがプロ!!」と感服です。

話を戻すと、ビデオでドンの最期のシーンを見た担当医は、「うーん」としばらく考え込み、まずこう言ったそうです。
「確かに、素人目には安楽死に見えるだろうから、とっさに聞かれたら答えに窮するよね。でも僕だったら、この国では安楽死ということはあり得ないから、ドンの逝き方は、おそらく緩和ケアの最終手段として行われる終末期セデーションということを想定しているのではないでしょうか、と説明すると思いますよ」

「終末期セデーション」は
緩和ケアの最終段階として行われる

「セデーション」とは、一般の方にはあまり聞きなれない言葉だろうと思います。
日本語で言えば「鎮静(ちんせい)」です。

麻酔のように意識を完全に無くしてしまうのではなく、意識をある程度保ったままで苦痛を完全に取り除きたいというときに、そのための薬物を使って行われます。
たとえば内視鏡の検査を受けたことがある方は、このセデーションを経験しているのではないでしょうか。

深い鎮静により意識レベルが下がる

ただ、内視鏡検査のような場合に行われるのは、ごく浅い鎮静のためのセデーションです。
そのため、意識レベルの低下は「名前を呼べば目を覚ます」程度です。
しかも、このときの鎮静は一時的なもので、検査が無事に終わって少し時間が経てば、意識は元に戻り、普通に会話することもできます。

一方、担当医が言うところの緩和ケアの最終段階としての「終末期セデーション」は、「薬で眠ることでしか今ある苦痛を和らげることができない」と医師が判断した場合に、選択される方法です。

これには深い鎮静が必要になります。
このセデーションを行えば、意識レベルはかなり落ちます。
そのため患者さんと言葉を交わすのが難しくなり、多くの場合そのまま死へと向かうことになります。

そのため終末期セデーションは医療者サイドの判断だけで行えるものではありません。
患者本人と家族の意思を確認するためのインフォームドコンセント、つまり医療者サイドからの十分な説明を受けたうえで、これから行われようとしていることを正確に理解し、納得して同意するというプロセスが求められることになります。

この点については、後日、痛みをはじめとする苦痛緩和に関する事前指示について書くなかで、詳述したいと考えています。
痛みや苦痛はできるだけ抑えてほしい

緩和ケアに関するおすすめの本