降圧薬と相性の悪いグレープフルーツジュース

グレープフルーツ

降圧薬を服用している方は
グレープフルーツとの相性チェックを

薬と飲み物や食べ物には相性の悪いものがあることはよく知られています。
特に高血圧の治療で処方されることの多い降圧薬のなかには、グレープフルーツ(ジュース)と相性が悪く、同時に摂取すると薬が効きすぎてしまうものがあります。

クレープフルーツの果肉に含まれている成分により、降圧薬のもつ降圧作用が増強されて血圧が下がりすぎてしまい、頭痛やめまいなどの症状が現れるようになるのです。
同様の影響は、高血圧の方に多くみられる高脂血症の治療に使われる薬やある種の鎮静薬などでも出やすいことがわかっています。

そこでここでは、服用時にはグレープフルーツ(ジュース)を避けるべき薬や、そのマイナスの影響はどのくらいの時間続くのか、といったことについてまとめてみたいと思います。
なお、薬と食事の相互作用に関する一般的なことは『薬と食事の飲み合わせにも注意が必要です』を参考にしてみてください。

降圧薬とグレープフルーツ
同時に摂ると血圧が下がりすぎる

降圧薬にはいくつか種類があります。
そのなかでグレープフルーツ(ジュース)と食べ合わせが悪いのは、末梢の血管を拡げて血圧を低下させるカルシウム拮抗薬(きっこうやく)です。
と言っても、カルシウム拮抗薬のすべてではなく、同時に摂取するのを中止すべき薬は、カルブロック錠やアテレック錠、アダラート錠、コニール錠、ノルバスクOD錠などです。

グレープフルーツの果肉部分や果肉と外側の皮の間の白い部分に含まれるフラノクマリンという成分には、これらの薬の代謝や分解、排泄にかかわっている酵素の働きを弱めてしまう働きがあることがわかっています。
この作用が働いて血液中の薬の濃度を上昇させるために、薬が効きすぎてしまうのです。

具体的には、血圧が下がりすぎることによって頭痛やめまいがしたり、胸がドキドキする、ふらふらする、眠くなるなどの症状が現れます。
とくに高齢者では、もともと肝機能が低下しているために肝臓における薬の代謝が滞りやすく、これらの症状が強く出やすいことがわかっていますから、医師から降圧薬の処方を受けた際は、忘れずに確認を!!

と同時に、やはり薬は、コップ一杯の水かぬるま湯で飲むという基本を守りたいものです。
なお、飲みにくいときはゼリー状のオブラートとも呼ばれる「嚥下補助ゼリー」などを活用するのも一法かと思います。

グレープフルーツの薬への影響は
24時間を超えて続くことも

グレープフルーツ(ジュース)と薬との相互作用の現れ方には、大きな個人差があることがわかっています。また、その影響が及ぶのは、一般にグレープフルーツ(ジュース)摂取後24時間程度ですが、人によっては、またその時々の体調次第で3~4日程度続くこともあると言われています。

一部のカルシウム拮抗薬以外にも、高脂血症薬(リピトール錠)や催眠鎮静薬(トリアゾラム錠)、免疫抑制剤(ネオラールカプセル)など、グレープフルーツ(ジュース)と飲み合わせの悪い薬は数種に及びます。
このような薬を服用している間は、グレープフルーツ(ジュース)を摂るのは避けた方がいいでしょう。その際、グレープフルーツの果実そのものや果実を搾ったジュースだけでなく、ジャムやマーマレードなどグレープフルーツの加工食品も控えることをおすすめします。

同じ柑橘系でも薬との相互作用が心配ない果物も

グレープフルーツ(ジュース)は他の柑橘系に比べ、ビタミンCの含有量が多い果物として人気が高く、習慣的に飲んでいる方も少なくないようです。
そのためたとえば高血圧を指摘されてカルシウム拮抗薬の処方を受けたものの、グレープフルーツ(ジュース)だけはこれまで通り飲み続けたいという方もいるでしょう。

そのような場合は、別の薬に替えてもらいたい旨、かかりつけ医またはかかりつけ薬剤師などに相談してみてください(かかりつけ薬剤師について詳しいことを知りたいという方は『薬で困ったら「かかりつけ薬剤師」に相談を』を参考にしてみてください)。

あるいは、同じ柑橘系果物でも、バレンシアオレンジやレモン、ユズ、カボス、温州みかんなどはフラノクマリンをほとんど含んでいないため薬との相互作用は心配ないようですから、グレープフルーツ(ジュース)と相性の悪い薬を服用している間は、これらのうちのいずれかに替えてみてはいかがでしょう。
たたし、夏ミカン、ハッサク、スウィーティー、ライム、イチジク、ザクロなどではフラノクマリンによる相互作用の可能性がゼロではないことから、極力避けた方が安心です。