自覚症状で気づきにくい「緑内障」の早期発見法

キーボードとメガネ

中途失明の原因トップ
「緑内障」は女性に多い

緑内障(りょくないしょう)という目の病気をご存知でしょうか。

厚生労働省研究班の調査によれば、日本人の中途失明、つまり後天的な病気やけがなどによる失明の原因で最も多いのが、この緑内障とのこと。
そのため、社会的にも深刻な病として認知されている病気の一つです。

40歳以上の20人に1人にみられ、特に女性に多く、年齢とともに有病率が高くなることから、「目の成人病」あるいは「目の生活習慣病」とも呼ばれているそうです。

実は、緑内障について書いてみようと思ったのは、ずいぶんご無沙汰していた友人から先日受け取った、1本のメールがきっかけです。

そこには、「突然のことでちょっと慌てていますが、緑内障で急遽レーザー治療を受けることになりました」との報告に続き、こう記してあったのです。

「あなたも連日パソコンとのにらめっこで目を酷使しているから、緑内障に気をつけてね。主治医の話では、自覚した時は手遅れだったということが多いそうだから、定期的に眼圧検査を受けた方がいいわよ」

見える範囲が狭くなったら
緑内障を疑って

友人からの忠告を受け、緑内障について調べてみました。
確かに、自覚症状で異常に気づくのは、すでにかなり進行して視野が狭くなったり、視力が急に低下してからのことが多いようです。

私たちの目は、内側を絶えず循環している「房水(ぼうすい)」と呼ばれる体液から栄養を受けながら健康な状態を保っています。

この房水は、目の中の圧力(眼圧)を一定に保ちながら眼球を内側からふくらませて目をかたちづくり、「ものを見る」という機能を果たしています。

ところが、何らかの原因によりこの房水の流れが悪くなり、眼圧がいつも以上に高くなることがあります。これが緑内障と呼ばれる状態です。

房水の流れが悪くなると、視神経が圧迫されて栄養不良の状態に陥り、
⑴ 見える範囲がだんだん狭くなる(視野狭窄)
⑵ 視力が低下して見えにくくなる(視力低下)
といった症状が現れるようになってきます。

この状態を放置していると、視神経の栄養障害が進行していき、やがて「失明」といった事態にまで発展してしまうというわけです。

40歳を過ぎたら年に1回は
眼科で定期検診を

「緑内障により失明」といった深刻な事態を防ぐには、防水の循環がスムーズにいっていないことにいち早く気づいて防水の循環不良を最大限改善し、栄養障害による視神経の萎縮を食い止める必要があります。

そのためには、緑内障の発症年齢とされる40歳代に入ったら、せめて年に1回は定期的に眼科を受診して眼圧を測定すると同時に緑内障の兆候の有無をチェックしてもらうのが、最も効率的な緑内障の早期発見法のようです。

ただ、緑内障のなかには、眼圧が上がらないものも少なからずあるようです。
つまり、眼圧は正常範囲なのに緑内障を発症しているというもので、日本人の緑内障にはこのタイプが案外多いことが、日本眼科学会が行った調査で明らかになっているようです。

自分でできる片目ずつの
視野範囲チェック法

ですから、眼圧さえチェックしていればいいというわけにはいかないのが、緑内障という病気の厄介なところのようです。

手遅れにならないためには、40歳になったら視野の範囲に異常がないかどうか自ら定期的にチェックして、緑内障の早期発見につなげることをおすすめします。

この視野範囲のチェック法ですが、視力検査の要領で片目ずつ軽くつぶって、
⑴ 見える範囲(視野)が狭くなっていないかどうか
⑵ 見えない箇所(暗点)がないかどうか
⑶ 視力が急に落ちて見えにくくなっていないかどうか
を確認するといった簡単な方法でOKです。

ちょっとでも視野が狭くなっているように感じたり、暗い部分(暗点)がある、あるいは視力が急に悪くなったように感じたときは、「気のせいだろう」とか「スマホをやりすぎたかな」などといった自己診断で放置してしまわないことです。

かかりつけ医、ないしは最寄りの眼科医の診察を受け、眼圧検査だけでなく視野検査や眼底検査も受けるようにするといいでしょう。

点眼薬やレーザー治療で
眼圧を下げる

検査の結果、緑内障と診断された場合の治療法としては、早期の段階なら、点眼薬や内服薬で眼圧を下げて視神経への血流改善を図れば、視神経障害を改善したり進行を食い止めることも可能なようです。

友人が受けるというレーザー治療も、まさに眼圧を下げる治療法の一つです。
房水の流れを妨げている虹彩(いわゆる茶目)の根っこの部分にレーザーを照射して孔(あな)をあけ、房水の流れをよくしてあげることで、眼圧を下げるわけです。

外来で、10分ほどで、痛みもなく受けることができるそうです。

十分な睡眠、栄養、運動で予防を

と言っても、やはり予防がいちばんです。
そのコツは、視神経に十分な栄養が行きわたるように、血流をよくして目を酷使しないように、いたわってあげることです。

「40歳以上の女性である」「強度の近視がある」など、緑内障のリスク要因をいくつか抱える私としても、他人ごとではなく、
⑴ 睡眠を十分にとって視神経に休養を与える
⑵ 目にいいとされるアントシアニンやルテインなどの栄養成分*を意識して補給する
⑶ 適度な運動(有酸素運動)や血液をサラサラにして全身の血流をよくする
といったことから取り組んでみたいと思います。

*目にいいとされる栄養成分の代表格「アントシアニン」は、ブルーベリーに多く含まれることで有名だが、黒豆や黒ゴマのような「黒い食品」の皮の部分にも大量に含まれている。
また「ルテイン」は、ブロッコリーやほうれん草、カボチャ、にんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれている。

参考資料:日本眼科学会、一般のみなさまへ、目の病気「緑内障」