認知症予防をインド人の食生活に学ぶ

ターメリック

インド人に
認知症が少ない理由は?

インド人に認知症、それもアルツハイマー病が少ないことはよく知られています。

その発症率は、アメリカ人の約4分の1というデータもあるようです。

少ない理由として、
「インド人は毎食のようにカレーを食べているから」
といったことをよく聞くのですが、これには少々誤解があるようです。

インド人は確かにカレーをよく食べているようです。

でもそのカレーは、日本人が家庭でよくつくるものやレストランなどで出される、あるいはレトルトカレーとはちょっとどころか、かなり違います。

さまざまな種類のスパイスをあらゆる料理に使う

彼らが作るカレーは、さまざまな種類のスパイス(香辛料)を、それはもう驚くほどたっぷりと使ったスパイシーカレーなのです。

そしてそのカレーに使うスパイスを、どんな料理にも惜しみなく使い、毎食のようにスパイシーな料理を楽しんでいる、というのがインド人の食生活の特徴と言っていいようです。

彼らに認知症が少ない本当の理由は、実はこのスパイスたっぷりの食生活にあることが、最近の研究で確認されています。

そこで今日は、インド人が毎日の料理に好んで使う数あるスパイスのなかで、脳の萎縮を抑える効果が期待できるとして専門医たちが注目する「クルクミン」と呼ばれる成分について書いておきたいと思います。

脳血管性認知症と
アルツハイマー病

ところで、「認知症」と呼ばれる状態を招く原因のうち、長い間日本人に圧倒的に多かったのは、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が原因で起きる脳血管性認知症でした。

このタイプの認知症は、脳の働きを活性化して脳内の循環をよくすることにより、ある程度は予防することが可能です。

その予防法がさまざま紹介されていることについてはすでにご承知だろうと思います。
この予防法に関心のある方はこちらの記事を参考にしてみてください。

→ 「物忘れ」が気になりだしたら手を動かそう

脳血管性認知症とは別に、最近になり日本人の高齢者に目立って増えているのが、アルツハイマー型認知症、通称アルツハイマー病です。

こちらのタイプは、脳の細胞が死滅するなどして脳そのものが委縮する、一口で言えば
「脳が縮んで小さくなっていく」ことに起因する認知症です。

このアルツハイマー病には、現時点において完治が期待できる治療法はありません。

そこで多くの研究者たちが、何とか予防することができないものか、完治は期待できないにしても、せめて脳の萎縮の進行にブレーキをかける手立てだけでも見つけ出せないものかと、日夜研究にいそしんでいるのが現状です。

インド人が好む
「クルクミン」が脳に効く!?

こうして研究が続けられるなかで注目をあびたのが、認知症のなかでもアルツハイマー病の発症率が際立って低いインド人の食生活、なかでも彼らが好んで使っているスパイスに多く含まれている「クルクミン」と呼ばれる成分です。

クルクミンはポリフェノールの一種です。

ビタミンCやビタミンEに負けないほどの強い抗酸化作用(有害物質を無害な物質に変える作用)と抗炎症作用をはじめとして、肝臓を保護する作用、さらには消化不良や関節リウマチ症状の改善効果もあることが以前から知られ、その健康効果に大きな期待が寄せられています。

クルクミンが脳の萎縮を抑える!?

アルツハイマー病予防の観点からこのクルクミンに注目し、その関連性について研究を続けているのが、金沢大学の山田正仁教授ら研究チームです。

チームは、試験管内でアルツハイマー病の脳の病変を再現させたマウスを使って、クルクミンを加えることで脳の病変に変化があるかどうかを調べる実験を行っています。

結果は十分期待の持てるものでした。

クルクミンに、アルツハイマー病の原因である脳萎縮を引き起こす異常なたんぱく質の働きを抑える作用のあることが、確認できたというのです。

同様の研究結果を、アメリカ・オークランド大学の研究グループも発表しています。

やはり試験管内でモデルマウスを使って実験したところ、クルクミンがアルツハイマー病の病変の進行を阻止する結果が得られたことを報告しているのです。

認知症の予防に
「ターメリック」を

クルクミンは、鮮やかな黄金色(こがねいろ)をしている「ウコン」の主成分です。

ウコンは生姜の仲間で、いくつか種類があるのですが、日本でウコンと言ったらアキウコン(「秋ウコン」とも書く)のことです。

アキウコンのクルクミン含有量は他のウコンとは比べものにならないほど多く、カレーのスパイスとして欠かせない「ターメリック」は、このアキウコンから作られています。

クルクミンをたっぷり摂るには、カレーだけでなく炒め物やスープ類、てんぷらやフライなどにも色付けとしてターメリックを使うといいでしょう。

ターメリックを加えて炊き上げるだけでできるターメリックライスもなかなかです。

クルクミンは体に吸収されにくいという難点がありますから、吸収を助けるために炊きあがってから少々のオリーブオイルをかけたり、黒コショウを振りかけていただくのがおすすめ。

意外なところでは、たくあんの色付けにターメリックが使われることもあるようです。

このようにターメリックのかたちでスパイスとしてクルクミンを摂っているぶんには、健康上まず問題はないと考えていいようです。

ただ、胃潰瘍や胃酸過多などで治療中の方は、かかりつけ医に相談してからにしてください。

認知症予防にいいからとウコンを摂りすぎない

一方で、クルクミンの含有量が多いアキウコンそのものをサプリメントや健康食品のかたちで一度に多量を摂りすぎたり、長期間続けて摂り続けるのは要注意です。

胃もたれ、胃痛をはじめ、便秘や下痢を繰り返すといった消化管障害を起こすリスクがあるのです。

二日酔いなどでウコン系のドリンク剤などをよく飲んでいて、健康への影響が気になつている方も少なくないでしょう。

該当する方は、日本医師会の警告メッセージをこちらで紹介していますので、安全・安心のために一度目を通しておいてください。

サプリメントの摂りすぎを警告するメッセージを、日本医師会が発信しています。特に高齢者では、医師の処方薬と併用していると、薬本来の効果が低減して病状が悪化したり、副作用が強く出ることも。栄養補給の主役は食事であることの再確認を!!