永久気管孔に人工鼻を装着していますか

犬の鼻

喉頭摘出術後の呼吸確保に
形成される「永久気管孔」

進行した喉頭がんや下咽頭がんなどでは、がんの大きさや部位にもよりますが、多くの場合、声帯を含む喉頭を摘出する手術が行われます。

この手術を受けると、術後の呼吸を確保するために、左右の鎖骨のちょうど中間の「喉元(のどもと)」と呼ばれる部分に気管孔(きかんこう)が形成されます。

この気管孔は一生閉じることができませんから、「永久気管孔」と呼ばれます。

永久気管孔を形成すると、鼻呼吸や口呼吸ができなくなり、代わりに気管孔から呼吸をしたり咳をしたりすることになります。

気道(呼吸の通り道)と食道(食事の通り道)はそれぞれ独立した管になっていますから、むせるなどして食べることに支障をきたすようなことはありません。

ただ、鼻や口を空気が通らなくなりますから、「鼻をかむ」とか「においをかぐ」といったことができなくなるなど、さまざまな不具合を経験することになります。

そこで、いわば鼻の代用品として開発されたのが、永久気管孔専用の「人工鼻(じんこうばな)」です。

幸いこの人工鼻については、2020年9月1日から健康保険が適用されています。

そのへんの話も含め、今回は永久気管孔と人工鼻について書いてみたいと思います。

永久気管孔からの
呼吸に伴うリスク

永久気管孔を通しての呼吸では、嗅覚以外にも、本来鼻が担っている機能、たとえば吸い込む空気(吸気)が鼻を通過する際に加湿されるということがなくなります。

鼻のフィルター機能も失われますから、気管内に空気中のホコリなどの異物が侵入しやすくなったりもします。

結果として永久気管孔の方は、以下のようなリスクを抱え込むことになります。

  1. 痰の分泌量が増えることにより呼吸器感染症のリスクが高くなる
  2. 過度に増えた鼻水が喉(のど)へ流れ込む「後鼻漏(こうびろう)」に悩まされる
  3. 浅く早い呼吸になる
  4. 発声できない、あるいは発声しにくいためコミュニケーションに支障をきたす
  5. 肺に水が入るリスクがあるため、入浴の際、首まで湯船につかることができない

このうち「5」については、喉元にある孔(あな)が永久気管孔であることをよく理解できていなかった介護者が、入浴時に水が入らないようにとの親切心から、気管孔にテープのような物を貼って孔を塞いでしまい、患者さんが呼吸困難に陥るといったアクシデントが起きた例が報告されています。

人工鼻を装着して
得られる呼吸のメリット

紹介したようなリスクを避けることを目的に開発されたのが「人工鼻」です。

永久気管孔に人工鼻を装着すれば、気管孔の周りをぴったり覆ってくれますから、ホコリなどの空中浮遊物が気管内へ侵入するのを防ぐ効果が期待できます。

また、人工鼻のフィルターには吸湿剤が浸み込ませてあります。

この吸湿剤が、吐き出す息(呼気)に含まれている熱と水分をキャッチして蓄え、外気から吸い込む冷たく乾いた空気を加温、加湿して、ほどよく温かい湿った空気を気道から肺へと送り込んでくれます。

人工鼻に備わっているこれらの機能により、次のようなメリットが得られるとされています。

  1. 肺の中の湿度が高まるため、痰の分泌を減らす
  2. 気道分泌物の粘性(ねばりけ)を弱くし、痰など分泌物の排出を容易にする
  3. 粘性の強いゼリー状の痰による気道閉塞(気道がつまる)のリスクを減らす
  4. 吸い込んだ空気の気道の通りにくさを和らげて正常に近い肺活量を維持する

人工鼻の種類は豊富
状況に応じて使い分ける

人工鼻の種類は実に豊富です。

人工鼻を専用に扱っているアトスメディカル(Atos Medical)の製品カタログによれば、以下のようなタイプが用意されていて、個々の状態や状況(日常のシーン)、用途などに合わせて使い分けることができるようです*¹。

  • リラックスしてゆったりと過ごすとき用に、加温・加湿効果に優れたタイプ
  • 散歩や友人とのおしゃおしゃべりなど、活動的な状況にあるとき用に、フィルターの目が粗く、楽に呼吸できるタイプ
  • インフルエンザや花粉症シーズンの外出用に、細菌やウイルス、花粉を99%以上カットするタイプ
  • ハンズフリーで話したいとき用のタイプ

人工鼻と衛生材料の購入に
健康保険を使える

人工鼻やその装着に必要な各種衛生材料(消耗品)には、健康保険が適用にされています。

したがって、人工鼻を利用したいときは、処方薬同様、医師に院外処方箋を発行してもらう必要があります。

この処方箋を持参すれば、医療機関内にある売店やかかりつけ薬局、あるいは最寄りの常勤薬剤師のいる薬局(「薬店」は除く)で、自己負担分(1~3割)を支払うだけで人工鼻などの一式を受け取ることができます。

同時に、使用方法について、薬局の薬剤師から指導を受けることもできます。

市区町村によっては「日常生活用具」として公費助成も

また最近では、永久気管孔の方にとって人工鼻は日常生活に必要不可欠な、いわゆる「日常生活用具」に該当するとして、その購入や日々の使用にかかる費用を公費で助成する制度を設けている自治体も徐々に出てきています。

この助成制度については、住民票のある市区町村のWebサイトで確認するか、障害福祉の担当課などに直接問い合わせてみてください。

なお、気道確保のための「気管切開」「気管挿管」についてはこちらの記事で詳しく書いています。一度読んでみてください。

自力で呼吸できなくなったときに人工呼吸器をつける選択をすると、気管挿管あるいは気管切開により気道を確保する処置が行われます。一般の方には聞きなれないこの処置について、その方法と苦痛の程度、声への影響についてまとめてみました。

参考資料*¹:Atos「人工鼻(HME)」