気管切開していても話せるカニューレがある!?

書いて伝える

気管切開をしているが
自分の意思を言葉で伝えたい

今年のお正月も、高齢者のお餅による窒息事故が何件か報じられました。

こうした窒息や誤嚥性肺炎に代表されるような呼吸トラブルにより、自力では呼吸しにくくなり、やがては呼吸ができなくなってしまうと判断されると、空気の通り道となる気道を確保する必要が生じます。

このようなときに、気道を確保する処置として「気管挿管(きかんそうかん)」あるいは「気管切開」が必要になるという話を先に紹介しました。
→ 「気管挿管」「気管切開」が必要になるとき

気管切開なら声を出す方法がある

気管挿管や気管切開により空気の通り道を作ることができれば、呼吸自体は確保されます。
ところがその代償として、「思いどおりに声を出せない」という不都合が発生します。

声を出すには、のどぼとけの中にある声帯の部分を空気(呼気:吐く息)が通り、声帯を振動させる必要があります。

気管挿管により気管内チューブを入れておくと、このチューブが空気の通り道になりますから、声帯を振動させることが難しく、そのために言葉を発することができません。

一方の気管切開では、切開して気管に穴を開けるのは、のどぼとけの下にあたる部分です。

声帯自体は無傷のまま残っていますから、吐く息が声帯部分を通って口や鼻から呼吸できるようにすれば、気管切開をしていても声は出せるようになります。

そのために作られたのが、「スピーチカニューレ」です。

スピーチカニューレなら
気管切開をしていても会話ができる

気管切開をして気管内に入れる通常の気管カニューレは、筒が1本の単筒タイプです。

これに対しスピーチカニューレは、内筒と外筒の2筒構造になっていて、外筒には「側孔(そっこう)」と言って、小さな穴が開けてあります。

また、このカニューレの内側には「スピーチバブル(発声用バブル)」と呼ばれるフイルムが装着してあるのも特徴です。

スピーチカニューレの内筒を抜くと、スピーチバブルが開いて気管切開部分から空気を吸うことができます。

この吸い込んだ空気を吐き出そうとすると、スピーチバブルが閉じて、カニューレの入り口に蓋をした状態になります。

吐き出したいのに行き場を失った息は、外筒にある側孔から声帯を通過して口に抜け出るようになっているのです。

この声帯を通り抜けていくときの吐く息(空気)の振動により、声を出せる状態になり、訓練次第では、家族や友人らとの日常会話も楽しめるというわけです。

スピーチカニューレを
使えない気管切開のケースも

ただ、残念ながら、気管切開を受けたら誰もがこのスピーチカニューレに交換できるというわけではありません。

また、通常の気管カニューレからスピーチカニューレに交換すれば、すぐに話せるようになるというわけでもないことをご承知おきいただきたい――。

たとえば、スピーチカニューレには「カフ」と呼ばれる、気管壁とカニューレの間に隙間ができないようにする風船のような留め具がついていません。

そのため、意識がはっきりしていなかったり、呼吸状態が安定していない、あるいは嚥下(飲み込み)がうまくできないなどの問題があると、唾液や痰などを誤嚥(ごえん)して、誤嚥性肺炎につながるリスクがあるため、スピーチカニューレは適応外となるようです。

このあたりのことは、あなたの現在の病状を理解している担当医の判断に託すのが一番です。

「会話ができるカニューレがあると聞きましたが、私はそれを使えますか?」
などと相談してみることをおすすめします。

意思を伝えることをあきらめないで

昨年(2018年)の春、仕事仲間の50代の男性が心筋梗塞の発作で倒れ、救急搬送されるという出来事がありました。

幸い2週間ほどで回復できたのですが、一時的だったものの、彼は人工呼吸器を着けるという初めての体験をしています。

そのときに、「最大の苦痛は、意識がはっきりしているのに、医師や看護師に自分の意思を言葉にして伝えられなかったこと」だったと話してくれたことがあります。

医療者サイドは手慣れたもので、筆談や文字盤などの代替手段で意思の疎通を図ろうと努力してくれたとのこと。

しかしながら、なかなかうまく伝わらないため、自分の意思を伝えることをあきらめそうになったこともあったと言います。

最近はスマートフォンやパソコンを日常的に使い慣れている方も増えています。
大きなタブレットを使ってディスプレイに伝えたいことを打ち込み、それを読んでもらうか音声化してみてはどうでしょうか。