女性に多い「笑うと尿がもれる」を筋トレで防ぐ

おもらし

成人女性が経験する
お腹に力を入れたときの尿もれ

赤ちゃんの頃は当たり前だった「おもらし」も、幼少期を過ぎる頃になると、通常はもらすことなく、きちんとトイレに行って排尿できるようになってくるものです。

これにはいくつかの要因が関係しているのですが、とりわけ骨盤底筋肉群(以下「骨盤底筋」)と呼ばれる筋肉の集まりが、正常に機能しているお蔭と言っていいでしょう。

骨盤底筋は、骨盤の底辺部分で、骨盤内にある子宮や膀胱といった重要な臓器を支えている、いわばハンモックのような役割を担っている筋肉です。

お腹に力(腹圧)が加わると、この筋肉が働いて膀胱や尿道をしっかり支え、尿がもれないようにしているわけです。

40歳以上女性の3人に1人が
腹圧性尿失禁を経験している

ところが、女性は男性に比べて尿道が短いために、加齢に伴い、あるいは出産の後などに、次のような動きをしてお腹に急激に力が加わったりすると、尿が漏れてしまうことがあります。

  • 咳やくしゃみをする
  • お腹を抱えるほど大笑いをする
  • 激しく走ったり、ジャンプをする
  • 重い物を「よいしょ」と力んで持ち上げる
  • 急な坂や階段を急いで昇り降りする

このような場合に起こる尿もれは、急な腹圧に対して尿道をうまく締めることができないことによって起こることから、「腹圧性尿失禁」と呼ばれています。

一般に、成人女性の25%以上、つまり4人に1人、40歳以上になると3人に1人、場合によっては2人に1人とも言われるほどの高率で、多くの女性がこの腹圧性尿失禁を経験し、ひそかに悩んでいるのではないかと推測されます。

吸水ケアパッドの普及により
セルフケアはできているが

腹圧性尿失禁については、成人女性の恥じらいの気持ちも手伝って、かつては表だって語られることはほとんどありませんでした。

しかし最近では、テレビの健康番組などで頻繁に取り上げられていることもあってか、女性の尿失禁に関する情報が少しずつ知られるところとなっています。

同時に、腹圧性尿失禁への対応についても、関連商品の大々的なCM効果もあって、広く一般に知られるようになっています。

結果として、たとえば「大笑いしたら尿がもれた」とか「咳き込んだら尿がもれた」経験をしても、多くの人は慌てることなく、ウィスパー うすさら吸水ケア など、専用のパッドを使用して、なんとかセルフケアできているのではないでしょうか。

対症療法には限界があり
「手術を」とならないために

ところが、活動性が低下して緩み始めた骨盤底筋はそのままにして、吸水ケアパッドを当てるといった対症療法だけを続けていると、一度にもれ出る尿の量が徐々に増えてきます。

その結果、たとえば270ccも吸水できるような特に多い時も長時間安心用 タイプのパッドでも対処しきれなくなり、産婦人科や泌尿器科を受診せざるを得ない状況に陥りかねません。

その場合は、医師の処方により、尿道を引き締め、閉じる効果を期待できる「β2アドレナリン受容体刺激薬(スペロペント®)」による薬物療法が行われることになります。

あるいは、緩くなっている尿道をテープで支え、吊り上げるといった手術(医療保険適用)をすすめられこともあります。

「吊り上げる」と言えば、最近は、着用しているだけで骨盤底筋を引き上げた状態でしっかりサポートし、しかももれる尿も吸水してくれるというショーツ、【骨盤底筋サポートショーツ モレキュット】なども各種市販されています。

しかし、手術以外は、いずれの方法にも限界があります。

尿もれに気づいたらすぐに
骨盤底筋トレーニングを

やはり腹圧性尿失禁に気づいたら、できるだけ早い段階から、緩み始めてコントロールが十分効かなくなった骨盤底筋を鍛え直し、尿道周辺の筋肉に締める力をつけるトレーニングに取りかかるのがいちばんの対策です。

尿道括約筋を中心とする骨盤底筋を鍛えて筋肉本来の機能を取り戻すトレーニングには、いくつか方法があります。

ただ、この骨盤底筋は、ふくらはぎや太ももなどの筋肉と異なり、からだの奥深い体幹部分にありますから、普段の生活ではほとんど意識することのない筋肉です。

しかもこの筋肉は、単独で動いているわけではありません。
横隔膜や腹部や背中の筋肉など、いくつかの筋肉と連動してコントロールされていますから、一口にトレーニングと言っても簡単には制御できない筋肉でもあります。

坐るだけで骨盤底筋を鍛えられる
エクササイズクッション

そこで、少しでもトレーニングしやすいようにと、さまざまなグッズが市販されています。
そのなかからここでは、「骨盤」に特化して健康グッズの商品開発に取り組んでいる「ラボネッツ社」が、広島大学の研究チームと共同で開発した骨盤底筋振動エクササイズ キュットブルをおすすめしたいと思います。

振動ユニットを搭載したエクササイズクッション「キュットブル」のスイッチをONにして、普通のクッションのようにその上に坐ると、クッションの形状により、自然と骨盤底筋に小刻みな振動が伝わるようになっています。

そこで、この振動に合わせて尿道周りの筋肉に力を入れると、その動きがそのまま骨盤底筋を引き締める動作となって、当の筋肉をしっかり鍛えることができるというすぐれモノです。

無理な姿勢をとる必要もありませんから、テレビを見たり、好きな本を呼んだりしながらでも、骨盤底筋エクササイズを習慣化することが可能です。

過活動膀胱による尿もれ対策にも

広島大学の研究チームが行ったモニタリング調査では、1秒間に40回転するこのクッションに坐って上記のエクササイズを5分間行った人全員に、尿道括約筋の筋活動活性化が確認されたと報告されています。

なお、このキュットブルによる骨盤底筋エクササイズは、お腹に力を入れたわけでもないのに急に尿意を感じてトイレに急いだのに間に合わない、といった「過活動膀胱」による尿もれ症状の改善にも効果が期待できるとされています。