新型コロナウイルスの消毒に使える家庭用洗剤

手を洗う

アルコール消毒製品が
転売禁止になったものの

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が、5月25日、最初の発令以来7週間ぶりに全面解除となりました。

解除を受けて経済活動を再開するオフィスや店舗において、また一般家庭においても、感染予防対策上欠かせないのが手指消毒用消毒液などのアルコール消毒製品です。

これらの製品の品薄や品不足により経済活動が停滞することのないよう、品薄に拍車をかけている不正な転売が、5月26日より法律(国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令)により全面禁止となりました*¹。

転売規制の対象となる製品は、「消毒等に使用されることが目的とされるアルコール製品(医薬品、医薬部外品、その他)」です。

販売業者や卸売業者はもちろんですが、個人も、不特定または多数の一般の消費者に、店舗、フリーマーケット、インターネット(SNS含む)等を通じて、仕入れ価格より高値で転売する行為が全面的に禁止となりました。

仕入れ価格を1円でも超える金額で転売したらアウトと厳しく、違反した場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくはその両方が科せられるとのこと。

これにより、一部の店舗や個人による買い占めや異常な高値で買わされるような事態は、この先なんとか避けられそうです。

手指の消毒は
石けんと流水で代用を

今回転売規制の対象となったアルコール消毒製品については、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、メーカーが平時(2019年1月)の6倍以上の増産を行ったと聞きます。

しかし、市中では、依然として深刻な品薄状態が続いています。

特に、感染予防の基本中の基本である手指消毒用のアルコールがなかなか手に入らない事態に、「なんとかしてよ!!」と感情的になっている方も少なくないようですが……。

こうした声に応え、東京都医師会会長の尾崎治夫氏はあるラジオ番組に出演した際に、手指消毒用アルコールが手元になくても、どこの家庭にも必ずある石けんで十分代用できると話し、その方法を次のように説明していました。

「濡らした手で石けんをよく泡立て、30~45秒かけてしっかり洗ってください。石けんには油を溶かす作用がありますから、ウイルスの表面を覆っている脂肪分、つまり油が溶けることにより、ウイルスは不活化し、死んでしまいます」

この場合の石けんは、抗菌薬入りの、いわゆる「薬用石けん」である必要はなく、普通の石けん、あるいはハンドソープで十分効果があるのだそうです。

洗い終えた手はよく拭いてからハンドクリームを

市販のアルコール消毒液やジェルなどには、ヒアルロン酸やグリセリンなどの皮脂保護剤が入っているものが多くなっています。

そのため、アルコール消毒製品による手指消毒に比べ、石けんと流水による手洗いには手が荒れやすいという問題が残ります。

この点について尾崎医師は、流水で石けんを十分に洗い流した後、ソフトタイプのペーパータオルでたたくようにして水気が残らないようにしっかり拭き取り、その後ハンドクリームやローションなどをつけておけば手荒れの心配はない、と話していました。

アルコール消毒製品の代用に
界面活性剤入り洗剤の活用を

手指以外、物品への消毒については、アルコール消毒液の代わりに、住宅や台所用洗剤など家庭用洗剤の成分である「界面活性剤」にも新型コロナウイルスを不活化する消毒効果があることが、経済産業省の要請に応じNITE(独立行政法人製品評価基盤機構)が行った実験により確認されています*²。

界面活性剤とは、界面(物質の表面)に作用して、界面の性質を変える物質のことです。

1つの分子内に親水性(水になじみやすい)と親油性(油になじみやすい)という2つの部分を合わせもっていて、本来混ざり合わない水と油を混ざるようにする性質により、新型コロナウイルスの「エンベロープ」と呼ばれる膜を壊して、ウイルスを不活化、つまり死滅させる効果が期待されます。

実験で消毒効果が確認されたのは、以下5種類の界面活性剤です。
⑴ 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
⑵ アルキルグリコシド(0.1%以上)
⑶ アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
⑷ 塩化ベンゼルコニウム(0.05%以上)
⑸ ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

家庭用洗剤で身近な物の消毒を
ポスターで呼びかける

経済産業省とNITEは、品薄が続いているアルコール消毒薬の代わりに上記の界面活性剤を含む家庭用洗剤を消毒に活用してもらいたいとして、
「ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう」
と呼び掛けるポスターを作成し、WEBサイトで公開しています*³。

同時に、効果が確認された界面活性剤が使われている住宅・家具用、浴室用、トイレ用、台所用洗剤のリストも作成し、同じくWEBサイトで公開しています*⁴。

たとえば台所周りの消毒には、キッチンマジックリン 消臭プラス 食卓クイックル クロス あるいは チャーミーマジカ 食器用洗剤 など。

住宅・家具の消毒にはクイックルジョアン クイックルワイパー ウエットシート 、トイレの消毒にはトイレマジックリン といった具合に、おそらくどこの家庭でも普段使用しているような洗剤がリストアップされています。

直接スプレーではなく
布などに染み込ませて拭き取る

使用に際しては、それぞれの製品に記載された使用方法に従い、使用上の注意を守り、ドアノブや机、ソファなど、身近なものの消毒に利用してほしいとしています。

その際は、スプレーをかけるのではなく、キッチンペーパーや布などに染み込ませて拭き取る方法で消毒する方法をすすめています。
ウエットシートタイプの製品を選ぶのが、使いやすさの点ではいいように思います。

またポスターでは、リストにある「住宅・家具用洗剤」が手元にない場合は、手持ちの洗剤に貼付してある成分表に上記5種類の界面活性剤のいずれかを含むことが明記してある台所用洗剤を水で薄めて使う方法も紹介しています。

その際は安全上の注意として、手指や皮膚の消毒には使わないよう求めているほか、スプレーボトルの場合も、ドアノブなどに直接噴霧するのは避け、キッチンペーパーなどに染み込ませて使ってほしいとしています。

参考資料*¹:国民生活安定緊急措置法施行令の改正について
参考資料*²:新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を公表します
参考資料*³:ポスター
参考資料*⁴:有効と判断された界面活性剤を含む家庭用洗剤のリスト