新型コロナウイルス感染症一覧

コロナ禍で医療機関の受診を控えていませんか

新型コロナの感染拡大で発令された緊急事態宣言は解除されたものの、感染を受けるリスクを恐れて医療機関の受診を今もって控えたり、先延ばしにしていないだろうか。厚労省と日本医師会は、受診の控えによる健康リスクと医療機関の感染対策に関するメッセージを公表している。

「新型コロナに感染!」を想定した人生会議を

新型コロナウイルス感染者が国の内外で驚くペースで増え続けている。テドロスWHO事務局長は、特効薬はないかもしれないとの見通し。コロナと共存する「ウイズ・コロナ」時代が長引くことを考え、「もしも自分が感染したら」を想定し、人生会議で治療に関する意思表示を。

感染予防と同時に「生活不活発病」の予防を!

新型コロナウイルスの新規感染者が東京を中心に増加し、感染再拡大への懸念が高まっている。新規感染者は若者が圧倒的に多いが、シニア世代は油断できない。自粛生活により「生活不活発病」に陥るリスクがあるからだ。そのチェックリストと予防のためにできることを紹介する。

新型コロナ感染症の重症化に血栓症が深く関与

新型コロナウイルス感染症の「診療の手引き」が改訂され、厚労省のWEBサイトで公表されている。医療関係者が対象だが、一般人が読んでも有益な情報が多い。重症化には血栓症が深く関与していること、「レムデシビル」の使い方、抗原検査では陰性を証明できないこと、など。

新型コロナウイルス感染症とカタカナ科学用語

「クラスター」や「オーバーシュート」などのカタカナ語が飛び交っている。医師らが使うのはやむを得ないが、メディアがそのまま使っていることに「かえって脅威を感じる」との声が多い。新型コロナウイルスは正体不明なだけに、使い慣れた日本語で伝える努力を求めたい。

新型コロナウイルス「相談・受診」の目安を変更

新型コロナウイルスの感染を疑ったときの「相談の目安」の見直しを進めていた厚労省が、新たな目安を公表。従来の「37.5度以上」「4日以上続く」など、相談のハードルを上げていた条件が削除された。体温の変動や症状の現れ方には個人差があることが配慮されたようだ。

COVID-19予防に見直されるマスクの効用

政府が全戸配布の方針を打ち出して「布製マスク」。折しもWHOが、COVID-19感染予防策としてのマスク着用に関する指針を見直したのを受け、欧米諸国でもマイクの着用が奨励されている。布製マスクにはサージカルマスクに匹敵する飛沫飛散防止効果があるとも……。

全都道府県に「COVID-19 緊急事態宣言」

全国的に患者が急増するCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)に歯止めをかけようと、首相は4月16日、対象区域を全都道府県に拡大し「緊急事態宣言」を発令した。この宣言を受け、国民として日々の生活行動をどう変えていく必要があるのか、まとめてみた。

持病の定時処方をオンライン診療で受ける検討を

慢性疾患で定期的にかかりつけ医の診療を受け、定時処方を受けている人には、この時期、新型コロナウイルスの感染リスクの高い医療機関に出掛けて行くのは不安だろう。この際、出掛ける必要のないオンライン診療、オンライン服薬指導を活用してみてはどうか。その方法をまとめた。

新型コロナウイルスの「感染予防ハンドブック」

新型コロナウイルス感染症については、この1~2週間が感染拡大阻止の正念場だ。国民一人ひとりが敵の正体を理解したうえで感染予防に取り組むことが求められる。そのためのハンドブックが専門家の監修でまとめられた。換気や消毒など家庭での具体策が大いに参考になる。

味覚に異常を感じたら亜鉛不足を疑って!!

味覚異常を自覚する高齢者が増えている。原因として多いのが亜鉛不足だ。亜鉛を含む食材は多く、普通に食事ができていれば不足する心配はないのだが、食が細くなったり、胃腸機能が低下して消化吸収が悪くなると亜鉛不足から味覚障害へとつながりやすい。その対策は……。