終末期に経験する心不全症状にも緩和ケアを

ティータイム

終末期に緩和ケアが必要になるのは、
がんに伴う苦痛だけではありません

自分の人生の最終段階における医療やケアの受け方について自身で考え、事前の意思を表明しておくうえで欠かすことができない大切な事柄のひとつに、「痛みなどの苦痛をどうするか」という課題があります。

このことをテーマに当ブログに2日続けて書いてきたのですが、記事を読み返していて、話が「がんに伴う痛みや苦痛」の緩和ケアに終始していることに気がつきました。

しかし、終末期において痛みなどの苦痛の対処法として緩和ケアが必要になるのは、がんによる痛みや苦痛を抱える患者だけではありません。

この点については、2002(平成14)年に世界保健機関(WHO)が公表している緩和ケアの定義のなかでも、緩和ケアの対象は「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族」としています。
緩和ケアの対象はがん患者だけではないことを明言しているのです。

この定義を裏づける確たるデータもあります。

WHOが2014(平成26)年に、人生の最終段階に緩和ケアを必要とした成人患者の疾患別割合を報告しているのですが、そこで第1位にランキングされているのは「循環器疾患」です。
おそらく最も多いだろうと思いがちな「がん」は、第2位です。

終末期に緩和ケアニーズが多いのは、
心疾患から心不全に進んだ患者です

緩和ケアニーズが最も多いとされる循環器疾患には、大きく脳出血や脳梗塞などの「脳血管疾患」と心筋梗塞に代表される「虚血性心疾患」の二つがあります。

いずれも、私たちの国では死亡原因の上位を占めている疾患です。

とりわけ虚血性心疾患のような心臓の疾患においては、最終的に心不全の状態に陥って死亡することが多いのですが、その数は、近年の急速な高齢化を反映して増加傾向にあることが、厚生労働省の「人口動態統計」でも確認することができます。

この「心不全」については、たとえば著名人の訃報記事などに「死因は心不全」といったかたちでよく登場しますから、多くの方が言葉自体はご存知のことでしょう。

ただ、では心不全とはどのような状態なのかという話になると、正しく理解されている方はそれほど多くはないのではないでしょうか。

そこで調べてみたところ、日本循環器学会と日本心不全学会が2017(平成29)年10月に、一般の方によりよく理解してもらおうと『心不全の定義について』と題するプレスリリースを行っていることがわかりました。
そこでは心不全を次のように説明しています。

「心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です」

引用元:「心不全の定義について

がんでなくても痛みや苦痛に関する
事前の意思決定を忘れずに

この定義にある「心臓が悪い」とは、高血圧や不整脈、心筋梗塞などにより心臓のいちばん大事な働きであるポンプ機能(血液を全身に送り出している)が低下して、身体に必要なだけの血液を全身の組織に送り出すことができなくなった状態を言います。

この状態が「だんだん悪くなる」と、少し身体を動かすだけで動悸や息切れ、息苦しさなどの症状が続くようになり、むくみなども出て、ありとあらゆる臓器に負担をかけるようになってきます。

このような状態に陥ると、心不全そのものに対する治療だけでは患者の苦痛を完全に取り除くことは難しく、穏やかな最期を迎えるためには、緩和ケアが必要になってくるというわけです。

厚生労働省の患者調査によれば、心不全患者の約70%が75歳以上の高齢者であるとのこと。また、心不全はすべての心疾患に共通してみられる最終的な状態です。

これらのことから考えても、「僕はがんではないから痛みの問題はいいや」などと即断するのではなく、自分の終末期の場合は痛みや苦痛はどうなのかについて、主治医を交えたアドバンス・ケア・プランニングのなかできちんと確認をしたうえで、必要な意思表明をしておくことをおすすめします。