2019年03月一覧

スポンサーリンク

医療費も介護費も高額なときに助かる制度

在宅療養を続けていると医療費、介護費共にかなりの高額で、家計への負担が重すぎることがある。そんなときに積極的に利用したいのが「高額医療・高額介護合算療養費制度」だ。世帯単位であること、毎年申請が必要なことなど、制度活用上の注意点をまとめた。

在宅医療費を民間の医療保険でカバーする

公的な医療保険も介護保険も在宅療養の費用負担を軽減してくれるが、これでお金の問題がクリアできるわけではない。療養が長引けばその分負担は重くなり心労に…。その負担を少しでも軽くしようと、民間の保険会社が始めた在宅医療向けサービスに注目してみた。